気象予報士の通信講座

通信講座の学習スタイル

気象予報士の試験は難しいことで知られており、合格率は例年5%ほどと非常に低くなっています。

そこで、受験を考える人の多くが、民間の予備校や通信講座を利用して、試験対策をしているという実情があります。
そのなかでも通信講座を受講する場合のメリットとデメリットをご紹介します。

気象予報士の通信講座は数多くあり、受講費は7万円前後になることが多いようです。

講座はテキストやDVDを使って自力で学習するのがメインになりますが、模擬試験の答案を現役の気象予報士に添削してもらえたり、わからないところをメールで質問することができたり…というサポート体制がとられていることがあります。

通信教育の大手企業が出しているコースを見てみると、標準的な学習期間は8ヶ月ほどに設定されているようです。

この期間内に合格できなかったときも、翌年の試験までは答案添削や質問応答のサービスを続けるとしている講座もあります。

通信講座のメリットとデメリット

通信講座のメリットは、通学コースに比べると費用が圧倒的に安いことと、いつでも自分の都合に合わせて勉強できることといえるでしょう。

通信講座を選択するのは、学生や社会人などで他の学業や仕事と両立させたいと考えている人が多いようです。

また、地方在住で近所に予備校がないという人にとっても、通信講座は非常に役に立つものとなっています。

一方でデメリットとして、難易度の高い気象予報士の試験を自宅学習だけで乗り越えなければいけないので、スケジュール通りに履修を進めていく計画性や質問サービス等でしっかりわからないところを質問する積極性がなければ、合格までの道は相当険しいものになるでしょう。

また、通学のコースのように、いつでも気軽に話を聞いてくれる講師やお互いに叱咤激励しあえるクラスメイトがいるわけではないので、自分の力でしっかり乗り越えていく覚悟が必要です。