気象予報士の現状と将来性

気象予報士の現状は?

気象予報士は国家資格であり、非常に幅広い業種から需要がある資格の一つです。

しかしながら、長らく続く不況の影響もあり、「資格を持っていれば就職できる」という風潮はほとんどありません。

気象予報士資格が制定された90年台半ばは医師・弁護士・公認会計士などに比肩する安定感のある資格であるといわれていましたが、現在ではその求職数も減少傾向にあるようです。

中には資格を取得したけれどもどこにも就職ができない、というケースも見られます。

気象予報士として働くためには

資格取得後、気象予報士としての働き口を見つける、あるいは安定して働き続けるためには何をすれば良いのか。

そのポイントは「他の気象予報士と差をつける」ことです。

気象予報士は非常に専門的な資格ではありますが、毎年合格者が増えていくため、資格習得者の数は年々増加します。

また、気象予報士であるというだけで企業が諸手を挙げて雇ってくれるという時代でもありませんので、他の気象予報士にはない、プラスαの資格や能力が必要でしょう。

たとえば、英語能力が十分にあれば海外の気象会社で働くチャンスも生まれますし、国内企業でも気象予測以外の実務が可能になれば、たとえば商社などに就職の可能性も広がるでしょう。

各企業や研究所などで気象予報士はどんな実務を行なっているのか、こんな能力がプラスαであれば、企業側としても雇いやすいのではないか、といった企業側の視点で考えることが大切です。

もちろん、これは気象予報士だけに限った話ではなく、一般的な就職の際にもいえることです。

自分はその会社に入って何ができるのか、あるいは何が求められているのかをじっくり考えましょう。

天気予報に対するニーズの拡大

携帯電話やスマートフォンの普及もあり、その地域のピンポイントの天気予報に対するニーズが強くなっています。

ピンポイント、リアルタイムでの予報が求められるようになってきており、天気予報士の活躍の場が広がっています。

また、台風や豪雨などの自然災害に対する関心も高まりを見せています。

天候は生活に関わるだけでなく、命に関わるものでもあり、気象予報士の果たす役割の重要さは今後も変わることはないでしょう。