気象予報士に向いている人、適性

気象予報士の向き不向きとは

気象予報士は特殊な職業です。仕事はデスクワークに分類されますが、膨大な気象情報のデータをもとに未来の天気を予測する、という作業は他のどの仕事にも類を見ないものです。

ここでは気象予報士の仕事内容をもとに、気象予報士に向いている人の特徴をご紹介します。

気候や天候に対して強い興味があるということは当然として、それ以外に気象予報士に向いている人のパターンをいくつか挙げましょう。

とはいえ、必ずしもこれに合致しないと気象予報士に向いていない、というわけでは決してありません。

気象予報士の仕事内容や楽しいこと、つらいことをイメージし、自分の性格と照らし合わせて考えてみましょう。

情報の分析が得意

気象予報士の仕事の大半は膨大な気象データの解析です。気温・湿度・前線や気団の活動・雨雲の動きなどをリアルタイムでチェックし、より精度の高い気象情報を導き出します。

多くの気象データを読み解き、解析していかないといけないので、筋道を立てて考えることのできる能力が必要になります。

理数系の能力が問われる仕事です。

集中して情報を集めたり分析したりすることができ、なおかつそれが苦ではないタイプの人が気象予報士に向いているといえるでしょう。

強い責任感がある

どんな仕事にも当てはまることですが、責任感を持って仕事をすることは気象予報士の場合にはとくに重要です。

なぜなら、気象情報は生命に関わる場合もあるためです。

曖昧なデータを基に適当な予測を立てた結果、予想に反する豪雨によって、増水した河川に飲まれてしまう被害者が出てしまうといったことが起こってしまうかもしれません。

常に「この情報が誰かの暮らしや命に大きな影響を及ぼすのだ」ということを意識しながら仕事をする姿勢が欠かせません。

知的好奇心が旺盛

気象予報士の仕事は、常に新しい知識を仕入れていかなければいけません。

気象予報は過去の統計データや経験則をもとに未来を予測する仕事ではありますが、時代の流れとともに地球環境も変化するため、新しい事象に遭遇することも数多くあります。

今起きている事象を見ながら、「どうしてこのような天気になったのだろう?」と考え抜き、小さなことにも疑問を持ってコツコツと調べる努力が求められます。

知的好奇心が旺盛で、学び続ける意欲がある人にこそふさわしい職業です。