気象予報士になるには

気象予報士になるために必要なことは

気象予報士は国家資格であるため、資格取得のためには気象予報士国家試験に合格する必要があります。

また、気象予報士とは異なりますが、気象予報に関わる仕事として、気象大学校や国家公務員採用試験を通じて気象庁で勤務する選択もあります。

ここでは気象予報士やそれに準じた職業に就くために必要なことをパターンごとにご紹介しましょう。

気象予報士資格試験に合格する

気象予報士になるためには、気象予報士資格試験に合格するのが最も一般的でしょう。

年2回の試験が設けられ、年齢や職業制限は一切ありません。

国家資格ということもあり、受験者数の多い試験の一つです。ただし、合格率は非常に低く、例年5%前後しか合格することができません。

気象に関する専門知識や天気図を読み取る能力が問われる試験で、専門的な勉強が必要です。

気象予報士試験の難易度・合格率

なお、難関の気象予報士の試験に合格したとしても、気象予報士として働けるとは限りません。

気象予報士を雇用する気象会社の数が少なく、求人が少ないためです。

また、気象庁への就職を希望するのであれば、後述する気象大学校を目指したほうがよいでしょう。

気象大学校と気象予報士

気象大学校とは、気象庁の将来の幹部職員候補を育成するための機関です。

4年制であり、一般的な大学と同様の教養科目と、気象予測をするために必要な専門科目を学ぶことができます。

卒業後はほぼ自動的に気象庁に就職することができます。

また、気象大学校学生時代から公務員として扱われますので、毎月15万円前後の給与が国から支給されるのも魅力的です。

ただし、気象大学校は満20歳までしか入学できません。

よく混同されがちですが、気象庁職員は気象予報士ではありません。

気象予報士とは、平成5年に制定された資格の一つであり、元々は気象庁の業務を民間に委託するためのシステムですので、気象庁職員とはまったく異なります。

気象予報士資格試験と気象大学校、どちらが通りやすい?

気象予報士資格試験と気象大学校の入学試験では、これは圧倒的に前者の方が通りやすいといわれています。

気象大学校の入学試験は非常に難関で知られ、東大・京大と並ぶ難易度ともいわれ、採用数も少ないため倍率も高くなっています。

それに対して、気象予報士資格試験は事前に出題される分野も決まっているため対策が可能です。

難易度が高い試験ではありますが、合格者数が決まっている大学受験とは異なり、得点さえ取れれば合格できるという安心感がありますし、年齢制限もありません。

気象予報士として働く

天候の予測は知識だけでなく経験も必要となってきます。

そのため、無事に勤務先が見つかり気象予報士としてスタートしても、一人前になるまでには、日々努力を重ねていく必要があります。

「安定しているから」「国家資格だから」といった理由で資格を取得しても、後々苦しくなってきます。

天候を予想することに面白みを見出すことができる人でないと、続けていくことは難しいでしょう