気象予報士を目指すきっかけ

自然への興味が最大のきっかけに

気象予報士を目指すきっかけは人それぞれですが、やはり多くの人の原点となっているのは「自然界への興味」です。

空の色や雲の形の変化を眺めるのが好きだったり、雨上りの虹や蜃気楼のような美しい気象現象に感動する出来事があったり、大雨や大雪で困った経験をしたり…ということが、「天気についてもっと知りたい!」という気持ちの出発点となることがあります。

また、実家が農業や漁業をやっている人や、サーフィンやスキューバダイビングなどのアウトドアスポーツが好きな人の場合は、生活と天気予報が密接に関わっていることが多く、気象情報の収集や分析への興味が高じて気象のプロフェッショナルをめざすこともあるようです。

この他にも、学校で理科の勉強をするうちに、天気のことを専門的に勉強したいと考えるようになった人もいます。

いずれの場合も、自然が好きで、自然界のことを深く知りたいと思う気持ちが何よりも大切です。

難関資格取得が目標に

人によっては、自然界への興味が出発点というわけではなく、「難関資格に挑戦してみたい」「国家資格を取得して安定した仕事に就きたい」という気持ちから気象予報士をめざす始める人もいるようです。

実際、気象予報士の試験は合格率が低く、難関資格として知られています。取得することで気象に関する幅広い知識や高い学習能力をアピールすることができるのは強みです。

最近では資格取得のための通信講座や専門学校でも、気象予報士のコースは人気です。

また、気象予報士になる際には年齢や性別、学歴や職歴による制限がないので、「学歴に関係なく活躍できる職場を探したい!」「今は他の仕事をしているけれど、資格を取得して転職して再チャレンジしたい!」と考えている人にとっても、魅力的な資格のようです。

気象予報士の試験に合格することは大変なことですが、それだけに挑戦のしがいがある資格とも言えます。