奨励会とは

正式名称「新進棋士奨励会」

奨励会は正式名称「新進棋士奨励会」といい、日本将棋連盟のプロ養成機関であり、基本的には奨励会に入らなければプロ棋士になることはできません。

入会するには19歳以下でプロ棋士の推薦があれば希望の級位を受験することができます。そこで対局、筆記試験を通過すれば晴れて奨励会会員として、プロ棋士を目指すスタートラインに立つことができます。

ですが、ここからが本当に厳しい戦いの始まりです。

険しい四段昇段への道

奨励会に入るとそこからはライバルとの戦いです。日本全国の腕自慢が集まるリーグで好成績を上げ、昇級・昇段をしていく必要があります。

棋士になれる一歩手前の三段リーグ(ここ数年は30人ほどが在籍)で上位2位以内になれば晴れて四段になりプロ棋士になることができます。非常に狭き門です。

立ちはだかる年齢制限の壁

21歳の誕生日を迎えるまでに初段、26歳の誕生日を迎える三段リーグで勝ち越しできなければ退会となります(勝ち越しできれば29歳まで延長して在籍できます※その他規定もあります)。

奨励会に入会できてもプロになれるのはほんの一握り。とても厳しい世界なのです。

女性と奨励会

奨励会には性差はなく当然女性も入会できます。いまのところ女性で奨励会から棋士(四段)になった人は残念ながらいません。

しかしながら、奨励会を2級以上で退会した場合は、すぐに女流棋士として資格を得ることができます。また奨励会の下部組織である「研修会」においても一定の基準を満たせば女流棋士としての資格を得ることができます。