キックボクサーの仕事内容

仕事はリングでキックボクシングの試合を行うこと

キックボクサーの仕事は、リングで「キックボクシング」の試合を行うことです。

日本で行われている「キックボクシング」は、タイの国技である「ムエタイ」のルールを参考にして、1960年代、野口修によって考案されました。もともと、日本生まれの格闘スポーツです。

拳にグローブを着用してパンチで攻撃するところはボクシングと同じです。キックボクシングは、それに加え、顔やボディ、脚へのキックやひざ蹴り、ひじ打ちなども認められています。

ただし、キックボクシングの団体は、世界、国内ともに多数存在しており、団体によってルールが微妙に異なります。そのため、「キックボクシング」として統一されたルールはありません。

たとえば、ひじ打ちや頭部への膝蹴りは、額や目の周囲を切る可能性が高いことから禁止する団体もありますし、スネを使った蹴りや下半身への蹴りを禁止している団体もあります。

また、ムエタイでは認められている首相撲を禁止する団体もあります。首相撲とは、相手の首に腕を回したり、グローブで押さえて相手を崩したり、蹴りを入れる技です。

まともに受けた時のダメージが大きいので、アマチュアの試合ではほとんど禁止されています。

試合は3ラウンド制を採用する団体が多く、1ラウンド3分で1分のインターバルをとるのが一般的です。デビュー戦から数試合は2R制で戦ったり、タイトルマッチクラスは5R制という団体もあります。

年間の試合数は3〜5試合

年間の試合数は、団体や実力によって3〜10試合です。

試合は、体重ごとの階級に分かれて行われます。基本的にはフライ級(50.80Kg以下)からヘビー級(72.57Kg超)まで7階級に分かれていますが、団体によってはもっと細かく分割されています。

日本人の場合、体格的にライト級(57.15Kg超〜61.23Kg以下)の選手が最も多くなっています。また、女性の場合、フライ級より軽い「ジュニアフライ級」などの階級もあります。

キックボクシングの場合、対戦相手の階級が違っても、両者の合意による契約体重で試合を行うこともあります。

たとえば、バンタム級(53.52Kg超〜57.15以下)の選手とライト級(57.15Kg超〜61.23Kg以下)の選手が、59Kgの契約体重で試合をするようなケースです。

勝敗の決定は、プロの場合、KO、TKO、判定の3種類あります。

KOは倒れた相手が10カウントの内に立ちあがり、ファイティングポーズが取れないか、1Rに3度のダウンを喫した場合で、TKOは一方が明らかに不利になったり、試合が続けられなくなった場合です。

判定は、ラウンドごとに10点満点方式で採点し、最終ラウンド(3Rや5R)まで戦ってポイントの多い方が勝ちになります。

日々のトレーニングも大事な仕事

キックボクサーにとっては、日々のトレーニングも仕事のうちです。キックボクシングは1対1の戦いで、相手をダウンさせることを目的とした格闘技です。

まずはキックボクシングの攻撃と防御の基本テクニックを身につけ、その後は、それぞれの技術や駆け引きを磨いていきます。最低でも週に5日はジムに通い、コツコツと努力することが必要です。

1R3分間ずつ3Rや5Rを戦い抜くには、想像以上に体力が必要です。試合途中にスタミナ切れにならないように、ロードワークを始め日頃から持久力を鍛えておく必要があります。

キックボクシングの認知度が低い理由

日本には数多くのキックボクシングのジムがありますが、世界においてキックボクシングは、まだまだマイナースポーツであるのが現状です。理由としては下記のようなものがあります。

<1.「世界チャンピオン」の希少性がない>
キックボクシングは、たくさんの世界タイトル認定団体があるため、多くの世界チャンピオンがいます。そのため、世界チャンピオンとなっても、あまり話題になりません。

<2.呼び方・ルールが統一されていない>
世界には、「キックボクシング」という言葉自体があまり知られていません。

世界ではキックボクシングと同じようなスポーツが「ムエタイ」「タイ・ボクシング」「キックボックス」のようにいろいろな名前の呼び方をされているため、世界的に「キックボクシング」という名称が浸透していません。

また、「ムエタイ」「タイ・ボクシング」「キックボックス」でルールが微妙に異なります。それぞれの団体がこだわりを持っているためですが、見る側からすればルールがわかりにくくなってしまっています。