キックボクサーの1日

キックボクサーの試合は、年に3〜6試合です。ふだんは、ジムに通ってトレーニングする日々が続きます。ここでは、ジムに通う日と試合の日の1日を紹介します。

ジムに通うふだんの1日

3:00 起床

アパートの一室で身支度を整えて、新聞販売所へ行く。

チラシ広告を折り込むなどの準備をして新聞配達に出る。

6:00

新聞配達を終えると、ロードワークをする。2〜3日に1度は5Km走る。

ロードワークから戻ると、新聞配達所で片づけや作業をする。

7:00

新聞販売所で朝食をとる。新聞販売所の所長夫妻が支援者で、毎朝、奥さんに朝食を用意してもらっている。

7:30

アパートへ帰り、もう一度眠る。

10:00

目覚めると、アパート近くのラーメン店に出掛ける。

10:30

このラーメン店でアルバイトを開始。開店の準備を手伝い、開店すると出前と皿洗いが主な仕事となっている。

14:00

アルバイトが終了すると、店で昼食を食べさせてもらう。

昼食が終わると自由時間なので、のんびり過ごす。

17:00

ジムに行ってトレーニングをする。

20:00

トレーニングが終了する。

食事はジムの友人と一緒に定食屋などへ行くこともあれば、一人で食べることもある。お弁当を買って帰り、アパートで食べることもある。

21:00

アパートに戻って、お風呂に入ったり、テレビを見たり、のんびりする。

朝が早いので、なるべく早めに寝る。

試合がある日の1日

3:00

起床。アパートの一室で身支度を整えて、新聞販売所へ行く。チラシ広告を折り込むなどの準備をして新聞配達に出掛ける。

試合の日も、新聞配達はしっかりとする。

6:00

新聞配達を終えると、ロードワークに出る。試合をイメージしながらランニングする。

ロードワークから戻ると、新聞配達所でいつものように作業する。

7:00

新聞販売所で朝食をとる。

7:30

アパートへ帰り、もう一度眠る。

10:00

目覚める。ラーメン店のアルバイトは休む。

11:00

アルバイト先のラーメン店へ行って、昼食を食べる。

12:00

アパートへ帰って、試合について考える。試合展開をいくつも考え、頭の中で整理しておく。

対戦相手のビデオを見て、相手の特徴や弱点をもう一度整理する。

14:00

ジムへ行って、試合をイメージしながらシャドーボクシングやパンチボールで軽く汗を流す。ストレッチングを入念に行って筋肉をほぐす。

16:00

会場に入る。主催者にあいさつしたり、友人と話したりする。

軽く食事をする。

17:00

試合を観に来てくれた新聞配達所の所長夫妻や友人を出迎えたり、少し話したりする。

その後は、選手控室に入って音楽を聴いたり、試合をイメージして集中力を高めていく。

18:00

ウォーミングアップ開始。

18:30

スタンバイ。前の試合がKOで決まったりすると、自分の試合時間が早まることがある。

いつでもリングに上がれる状態にして待つ。

19:00

リングに上がり、試合をする。試合は3ラウンド制で、1試合20分ほど。

19:30

試合が終了すると、シャワーを浴びてジャージに着替える。

20:00

客席やロビーで、試合を観に来てくれた友人や知人、ファンと話したり、サインをしたりする。

試合に負けて身体的なダメージが大きいと、控室でそのまま休んでいる。

21:00

新聞配達所の所長夫妻と食事。試合の後は、たいてい焼肉をごちそうになる。

日頃の支援に対して改めてお礼をいう。

22:30

アパートに帰る。翌朝早いので、すぐに寝る。