化粧品メーカー社員の仕事、業務内容

化粧品を製造し、販売する

化粧品メーカーとは、化粧品を製造し、販売する企業のことをいいます。

具体的には、どのような製品を作るのか企画するところからスタートし、原料を組み合わせて化粧品を開発し、出来上がった製品は百貨店や直販店舗などの店頭、あるいは通販等を通じて消費者の元に届きます。

なお、一般的に「化粧品メーカー」といった場合、自社で商品の企画から製造、販売まで一貫して行う企業をイメージする人が多いかもしれませんが、このほか「OEMメーカー」といって、他社のブランドのために化粧品を企画・製造し、ブランドへ卸すことを事業としている企業もあります。

OEMメーカーで製品が作られている場合には、製品パッケージを見ると「製造販売元」という表記がなされています。

さらに、化粧品の原料となるものを専門的に製造するメーカーもあります。

なお、化粧品は「薬事法」に基づいて製造しなくてはならないため、製品そのものの中身はもちろん、名称や広告物、販促物といったものも法律に基づく形で製造、販売されます。

化粧品メーカーの部門

化粧品メーカーは大小さまざまな規模の企業がありますが、たいてい以下のような部門で成り立っています。

開発部門

市場調査を基に、消費者のニーズに合う新しい化粧品の開発を行います。

コンセプトを設定したら、試作品を作って中身の成分を決める処方開発や臨床試験を経て、実際に生産ラインに乗せていきます。

化粧品は「美容」という面のみならず安全性を維持する必要があり、開発の際には薬事法や皮膚科学、細胞生物学などの専門知識を駆使する必要があります。

営業・販売部門

化粧品メーカーにとって最も大きな顧客となるのが百貨店です。自社製品を取り扱ってもらうための提案をしたり、売り場面積の拡大やより良い場所に置いて並べてもらうための交渉などを行います。

そのほか、バラエティショップや各種小売店、量販店などにも営業をかけます。売上動向のチェックや販売現場のケアなども重要な業務です。

また、百貨店の店頭に立ち、お客さまに商品の詳しい使い方を説明したり、オススメ商品の提案をしながら販売につなげていく「美容部員」を抱えているメーカーもあります。

美容部員の仕事

販売促進、宣伝部門

企業によって販売市場は異なりますが、大手メーカーになると、百貨店、直販店舗、インターネット通販といったように、いくつもの販売チャネルを持っていることがほとんどです。

どのような場所で、どのような手法で売れば効果的かを検討し、実際に広告制作やキャンペーン企画などのアクションを起こします。

管理部門

自社の人事、経理・財務、総務、法務といった管理業務に携わり、組織の円滑な運営に努めます。

また、消費者からの窓口となって、製品や企業に対する問い合わせやクレーム対応なども行います。