化粧品メーカー社員に特有の職種

世の中のあらゆる企業ではさまざまな職種の人が活躍していますが、ここでは、化粧品メーカーならではといえる代表的な職種について紹介します。

マーケティング・商品企画

市場調査をはじめとするマーケティング活動を行い、さまざまなアイデアを取り入れながら、世の中に求められる新商品を企画します。

商品コンセプトやターゲットを定め、研究やデザインなどの各部門や外注先とも連携しながら商品開発を進めていきます。

また、商品の印象を決定づけるパッケージデザインなども検討します。

研究・開発

化粧品製造に有効な素材や成分について研究を深めたり、さまざまな原料の組み合わせを考えて化粧品の調合を考えたりします。

色や質感だけではなく、使用感や機能性なども踏まえてベストな化粧品を生み出します。

既存製品の成分分析や新製品の開発をするための、最も基礎といえる仕事に携わります。

生産管理

原料や資材など、製造をするうえで必要となるものの発注や調達業務を専門的に担当します。

商品の売れ行きデータを見ながら製造計画を組み、無駄のないように、かつ不足が出ないように発注をかけなくてはなりません。

品質管理・薬事担当

化粧品は「薬事法」という法律に基づいて製造、販売されなくてはなりません。

製品を世に出す前には、製品そのものはもちろん、製品の名称や広告物や販促物といった製品に関連するものまで、すべて薬事的な決まりが守られているかを厳しくチェックする必要があります。

そうした法律的な面を専門的にチェックするのが薬事担当者です。

また、製品品質を保つために成分分析を行ったり、万が一、販売した商品にクレームがあった場合には、その商品の成分をあらためてチェックしたりします。

美容部員(ビューティーアドバイザー)

百貨店や直販店舗などの店頭に立ち、お客さまに自社製品を販売する仕事です。

きちんとした商品知識を持っていることはもちろん、お客さま一人ひとりの肌の状態をカウンセリングしたうえで、お客さまのニーズに応えられる提案をする必要があります。

美容部員の仕事