化粧品メーカー社員として働くには(大学・学歴・学部など)

化粧品メーカーの社員採用試験を受ける

化粧品メーカー社員として働くには、各メーカーが実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。

大手化粧品メーカーの場合、新卒採用については毎年実施しているところがほとんどであり、会社の中核を担う存在として幅広い仕事に携わる人材は「総合職」として採用を行っています。

総合職はたいてい「大卒以上」の学歴が求められ、「事務系」と「技術系」の2種類の区分で採用試験が実施されています。

事務系では営業、マーケティング、商品開発、企画、海外事業、宣伝、広報といった幅広い業務に携わり、技術系は研究職や生産技術職として、プロフェッショナルな活躍が期待されています。

したがって、事務系は学部・学科不問であることがほとんどですが、技術系については応用化学、機械工学、電気・電子工学など、理工学系の学部・学科出身者を対象とした採用が行われることが一般的です。

入社後のキャリアパス

総合職(事務系)で入社した場合、まずは営業職として経験を積み、そこから各業務に配置転換されてキャリアを磨いていくことが多いようです。

幹部候補生としての成長が期待されるため、数年でのジョブローテーションが行われたり、日本各地あるいは海外に拠点を置く企業の場合は転勤が発生することもあります。

総合職(技術系)で入社した場合には、自社の研究所や工場といった技術拠点において研究開発業務に携わりますが、専門性の高い業務内容となっていることから、一つの職場で長く働くことも珍しくありません。

ただし、技術系であっても企業によっては国内外への転勤を命じられることもあります。

高卒でも化粧品メーカー社員になれる?

先に述べた通り、総合職として幅広く専門的な業務に携わっていきたいのであれば、基本的に大卒の学歴は必須といえます。

百貨店などでお客さまに商品を販売する「美容部員」については、高卒者でも受け入れている企業がありますが、正社員ではなく契約社員からのスタートということも多く、派遣社員やアルバイトとして働いている人も少なくありません。

美容部員の仕事