化粧品メーカー社員の営業の仕事

営業からキャリアをスタートすることも多い

化粧品メーカーではさまざまな職種の人が働いていますが、そのひとつとして「営業」の仕事があります。

どれだけ魅力的な製品を用意しても、それを世の中に広めて売る人がいなくては、会社は大きな利益をあげることができません。

つまり、顧客に対して自社の製品を提案し、売上をつくる営業は、会社の利益を生み出す存在として不可欠な存在だといえます。

総合職(事務系)として働く場合には、キャリアのファーストステップとして営業職を経験することも多く、また営業は顧客と直に接する機会が多いことから、その会社が手掛けているビジネスを肌身をもって理解するうえでも、とても大切な仕事です。

化粧品メーカーにおける営業の仕事内容

化粧品メーカーにおける顧客は、大きく「小売店」と「百貨店」の2種類に分けることができます。

小売店向けの営業は、販売店となる各店舗のバイヤーに対して自社製品の紹介をしたり、製品の展開方法を提案し、売上アップのための販売促進を幅広くプロデュースしたりします。

百貨店向けの営業では、百貨店の化粧品売り場を統括する責任者に対し、自社製品のコンセプト説明やプロモーション内容を説明しながら、製品を売り込んでいきます。

取引のない百貨店に売り場を出すために交渉をしたり、既存顧客の売り場拡大を狙ったりと、より手がけるビジネスの規模が大きくなることも多いです。

化粧品メーカーの営業には、ただ製品の特徴や良さを伝えるだけでなく、「どのような方法で売ればより多くの人に手に取ってもらえるのか」まで提案することが求められています。

海外展開をする企業が増えている

化粧品メーカーは近年、海外展開を推し進める企業が増えています。

グローバルビジネスを手がけるメーカーに勤める場合には「海外営業部門」を設置していることが多く、そこで働く営業職は、担当する国での売上拡大に向けた仕事を進めていきます。

具体的には、販売代理店となる小売店や量販店、法人など新しいチャネルを開拓したり、既存顧客に対して売上拡大のためのサポートを行ったりします。

場合によっては、実際に現地に赴いて視察や会議に参加することもあります。