男性の化粧品メーカー社員

総合職は男性も多く働いている

化粧品メーカーというと、扱う商材の特性から、そこで働く社員も女性が中心と考える人は多いかもしれません。

しかし、実際には化粧品メーカーといっても多種多様な部門や仕事があり、そのほとんどの部門において、男性も女性も同じように活躍しています。

企業によって男女の割合は異なりますが、とくに「総合職」として採用される営業や研究・開発系の職種に関しては、男性社員の割合が比較的大きめとなっているようです。

男性が化粧品メーカーに採用されるには

まず、社員採用試験において、男性と女性が区別されるようなことはありません。

ただし、男性が化粧品メーカーに応募する場合、面接などで「さまざまなメーカーがあるなかで、なぜ、あえて化粧品を選ぶのか」と突っ込んだ質問をされることは存分に考えられます。

志望動機をきちんと考えておくことはもちろん、入社後にどのような仕事をしたいのかまでしっかりと語れるようにしておくことが大切です。

また、職場によっては女性社員の数がだいぶ多いことから、女性と上手にコミュニケーションをとっていけるかといった点を厳しくチェックされることもあります。

決して容姿がすぐれている必要はありませんが、清潔感や身だしなみには十分に気を付けて、丁寧で誠実な対応ができる人が好まれやすいようです。

美容部員は女性中心

化粧品メーカーのなかには、おもに百貨店の店頭で来店されたお客さまに化粧品を直接提案、販売する「美容部員」を雇っているところもあります。

基本的にお客さまは女性ということもあり、この美容部員の仕事をしているのも、ほとんどが女性社員となっています。

残念ながら、男性が美容部員の仕事に就くことは難しいのが実情です。

しかし、それ以外の職種であれば男性でもおおいに活躍することができますし、キャリアを重ね、管理職となって部下を持っている男性社員も大勢います。