建設会社社員の就職、求人、採用の状況

建設会社は人手不足

建設業界では今、「人手不足」という大きな課題を抱えています。

東日本大震災後の東北復興、そして2020年の東京五輪決定によってインフラ整備など建設需要は大きくなっているものの、技術者の高齢化が進み、かつてないほど人が足りないという状況に陥っているといわれます。

こうしたことから、最近はどの建設会社も若い人材を積極的に採用していきたいと考える傾向が強くなっています。

大手のゼネコンであれば一度の新卒採用で数百名単位、中規模の企業でも数十名単位で採用していることはよくあります。

建設業界に入りたいと考えている若者にとっては、追い風だといえるでしょう。

ただし、依然として給料や待遇がよい最大手のゼネコンについては人気が高く、就職試験の倍率は厳しいものになりがちなようです。

キャリア採用も活発

社会人としての経験を持たない新卒採用で入社した場合、どうしても真っ白なところから仕事を覚えていくことになるため、一人前になるためには時間がかかります。

こうしたことから、各社ではじっくりと育てることを前提とする新卒に加え、即戦力としてすぐに第一線で活躍できる人材も欲しており、「中途採用」や「キャリア採用」といった形の採用活動を積極的に実施しているようです。

建設の仕事は経験こそが何よりの財産として考えられるため、スキルを持っている人はどの職場でも歓迎されやすくなっています。

建設会社への転職を考えている人にとっても、今はチャンスが広がっているといえるでしょう。

この状況はいつまで続くのか

このように、現在はまだ人材の需要が大きなものとなっていますが、この状況は少しずつ落ち着いていくものと考えられます。

2020年に近づくと、各社の採用活動は一気に静かになる可能性もあるため、これから建設会社への就職を考えていきたい人は、業界の動向によく注意しておいたほうがよいでしょう。