建設会社社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

建設会社の勤務時間は、8:30~17:30くらいになっていることが多く、1日の実働は7時間30分から8時間程度です。

ただし、本社や支店、営業所などのオフィスで内勤として働く場合と、作業所で外勤をする場合とでは異なる勤務時間が設定されている企業もあり、その場合はたいてい外勤のほうが8時始業など朝が早い代わりに、夕方の終業時刻もやや早めとなっています。

職場によっては、フレックスタイム制度が取り入れられていることもありますが、建設業界はどちらかというと朝からきっちりと仕事をする職場が多いようです。

休日

昔から、建設業界は休日が少ないといわれるようですが、その理由として「週休2日制」を採用している一般的な企業とは異なり、建設会社では土曜日は出勤になることが多いということが挙げられます。

大手ゼネコンでは土日が休みの「週休2日制」としているところもありますが、全体として見ると休みは「日曜のみ」という企業もすくなくありません。

また、祝日に関しても平日と同様に出勤日になっていることが多いようです。

会社の定める休日に関しては、平常時はきちんと休むことができますが、工程が大きく遅れているときや工期末などは休日出勤をして対応しなくてはならないこともあります。

ただし、作業現場で働くのではなく、本社や営業所などで内勤をする場合は、土日が休みとなることが一般的です。

残業

残業時間についても、勤務時間や休日と同様、企業によってだいぶ状況が異なるようです。

実際、長時間労働やサービス残業が当たり前になっている、いわゆる「ブラック企業」といわれる企業も存在するのは確かですが、すべての建設会社がそういうわけではありません。

なお、現場監督などの仕事になると、日中は現場におり、夕方帰社してからさまざまな事務作業をしなくてはならず、残業がどうしても増えてしまう面があるようです。

かつての建設業界では体育会系の厳しい上下関係や徹夜に近いこともよくあったようですが、最近は無理な働き方を避け、心身ともに健康でいられるような制度や社内のしくみを整えている企業が増えつつあります。