女性の建設会社社員社員

女性は徐々に増えつつある

建設業界は、多くの人が抱くイメージの通り、昔から男性中心の職場が多く、現在でも全体的に見ると男性の割合のほうが圧倒的に多い状況となっています。

しかし、女性が各業界の第一線へどんどん進出しているように、建設業界で働く女性も徐々に増えていることは確かです。

各建設会社も、意欲的な女性を積極的に採用したいと考えるところが増えていますし、もちろん採用試験の選考方法が男性と女性で異なることはありません。

女性であっても男性と同じように、事務系の仕事、技術系の仕事に就くことができます。各職場でスキルアップし、管理職になっている女性社員もいます。

女性の働き方を支援する制度

女性の場合は、結婚や出産など、人生のなかで男性以上にいろいろな分岐点があるといえるでしょう。とくに出産となれば、どうしても産前産後に休暇を取得する必要が出てきます。

こうしたライフイベントに対応できるよう、現在では産休や育休、短時間勤務などの制度を充実させる企業が増えています。

とくに大手建設会社では女性の総合職社員も増えていることから、家庭を持ち、子育てをしながらも仕事を辞めずにいられる環境整備には力を入れているようです。

建設会社で働く大変さ

各地に拠点を持つ大手企業において総合職として採用された場合、海外も含めた転勤があります。

女性だからといって免除されるようなことは普通ありませんから、男性と同じように働く覚悟が必要です。

どうしても転勤が嫌だという場合には、限定されたエリア内で働ける募集区分の試験を受けることを検討したほうがよいでしょう。

また、建設の仕事は納期厳守であり、プロジェクトの進行具合によっては残業時間がかなり増えたり、休日出勤もしなくてはならないこともあります。

職場には男性が多く、場合によっては女性が自分だけしかいないということもあるかもしれません。そのなかでも上手に周囲とコミュニケーションをとっていく努力も必要になるでしょう。