検察事務官の仕事内容

検事のサポートを行う仕事

検察事務官は、全国の検察庁に勤務する国家公務員です。その仕事内容は、検事(検察官)の指揮を受けて容疑者の逮捕や取り調べを行うことや、検察庁における総務や会計などの事務業務まで、多岐にわたります。

検察事務官が検察庁で配属される職場の種類は、大きく以下の3つの部門に分けることができます。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

捜査・公判部門

立会事務

検察官と二人三脚で事件の捜査に当たります。事件の内容を調査したり、取調べに立ち会って事件関係者の置かれている立場や心境を把握しながら、検察官の捜査活動をサポートしていきます。

捜査事務

被疑者の取調べをし、起訴、不起訴の処分を行います。道路交通法違反事件、窃盗・傷害事件等、扱う事件の種類は多岐に渡ります。

公判事務

事件の裁判に立ち会い、公判に求められる手続を確保したり、迅速で適正妥当な科刑を実現するために、検察官を全面的にサポートします。

検務部門

事件事務

検察庁の窓口となる仕事です。警察等の捜査機関から送られてきた事件が、法律上定められた手続に従っているかどうかを調べて受理手続を行います。

証拠品事務

事件において重要な証拠品の受入れ手続を行うとともに、事件の推移によって、証拠品の保管・処分等の事務を行います。

執行事務

裁判の結果、確定した懲役刑などの執行手続きを行います。

徴収事務

罰金や科料に係る裁判が確定した場合、これらの徴収金を徴収します。

犯歴事務

有罪の裁判を受けた人の犯罪歴の調査や管理をします。コンピュータによる迅速な処理が行われています。

記録事務

裁判が確定した記録等を保管・管理するほか、記録の閲覧手続等を行います。

事務局部門

総務事務

検察庁で働く職員の人事・給与や福利厚生、書類の発送事務等を行います。

会計事務

検察庁の歳入歳出(お金の出入り)に関する事務のほか、検察庁庁舎の維持管理や、仕事に必要な機材・器具の整備等を行います。

法律的知識が求められる

このように、検察事務官は検事をすぐそばでサポートしたり、検察庁で働く人にとって働きやすい職場づくりを行う仕事を任されています。

役割としては「検事の補佐」という面が大きいものの、社会正義に深く関わる実務をこなしているばかりでなく、「法律的知識」を求められる専門性の高い仕事でもあります。