研究者になるには

採用は狭き門

研究者というのは、数ある職業の中でも非常に専門性が高く、頭脳明晰で探究心の強い人間が適任であることで知られています。

採用試験においては応募の段階で大学卒業以上の学歴が必要とされるのが一般的です。

大学や国立の研究所などの研究機関の場合は特に、国内トップクラスの大学の学生であったり、大学院の修士や博士課程で専門的に学んでいたり、海外の大学に留学経験があったりするような優秀な人材を欲しているところが多いようです。

非常に狭き門となるので、試験対策は万全にしたほうがよいでしょう。

大卒の学歴が必要ないことも

企業の規模や研究分野によっては、研究者に大卒の学歴を必須としないこともあるようです。

たとえば、技術開発を行う機械メーカーの場合は「高専」と呼ばれる高等専門学校でロボット制作などの技術を磨いた人材が即戦力になることもありますし、食品開発を行う食品メーカーの場合は栄養士の専門学校で資格を取得した人材が活躍できることもあります。

企業によって活躍している人たちの学歴やバックボーンが大きく異なるので、よくリサーチしてみるとよいでしょう。

研究者の就職活動の流れ

それでは、研究者の就職活動はどのようにして行われるのでしょうか。

まず学生が力を入れることが多いのが、希望する就職先で職場体験ができる「インターンシップ」でしょう。

自分の興味関心と希望する就職先が力を入れている研究分野がマッチしているのかどうかや、研究チームの雰囲気や設備環境のレベルはどうかなどを知ることができます。

研究職は企業秘密を守るために基本的に非公開の場で研究を行っているため、情報を手に入れるためには積極的にこのような就職活動生向けのイベントに参加することが大切なのです。

試験の流れは他の職業と変わりませんが、学生時代の論文や研究室での研究実績などが重視されます。

また、学校推薦や研究室推薦という形で採用につながることもあります。