健康運動指導士への転職

健康運動指導士に転職するには

保健医療機関と連携をとりながら、一人ひとりに合った運動プログラムを提案する健康運動指導士。

まだそこまで認知度は高くない職業ですが、人々の健康への意識の高まり、生活習慣病予防などの取り組みもあって、徐々に名前を聞くことが増えてきました。

病院などの医療機関をはじめ、介護施設、民間のフィットネスクラブやスポーツクラブなど、医学的な知識を生かしながらさまざまな場所で活躍することができる仕事であり、「運動による健康づくり」に興味を持っている人にとっては、転職の候補となる職業にもなり得るでしょう。

しかしながら、健康運動指導士になるには「健康運動指導士」の資格が必要であり、この資格を取るためには養成校で学ぶか養成講習会を受講・修了する必要があるなど、それなりの時間とお金がかかります。

この職業は、人の健康に携わる責任ある仕事です。確かな専門知識と運動指導のスキルを身に付ける必要があるため、思い立ったらすぐに転職というわけにはいきません。

転職をする前に知っておきたいこと

先に挙げた通り、健康運動指導士の就職先はさまざまですが、資格を取ったからといって必ず就職に結びつくわけではありません。

また、給料も特別に高額というわけではありません。

健康運動指導士は民間資格であり、たとえば理学療法士や作業療法士といった国家資格を持ってリハビリに携わる人よりも、給与水準が低めに設定されている職場もあります。

比較的待遇がよいのは病院といわれていますが、医療施設は人気が高く、容易に転職できるとは限りません。募集も不定期で、人員不足になったときに採用を行うというケースも多いようです。

ただし、スポーツジムなどのインストラクターとして働く場合には、基本給に資格手当がプラスされることもあるようです。

こうした職場においては、無資格でインストラクターをやるよりも優遇されるでしょう。

健康運動指導士は、これからさらに必要とされていくであろう職業です。

「地域住民の健康づくりに貢献したい」という気持ちを抱いているのであれば、ぜひこの仕事について詳しく調べてみましょう。