健康運動指導士の給料・年収・収入

給料・年収

健康運動指導士の収入は、年収にして200〜400万円程度がボリュームゾーンといわれています。

健康運動指導士は徐々に認知度が高まりつつある職業ですが、残念ながら、現時点では有資格者だからといって特別に高い収入を得ることは難しいようです。

とはいえ、この仕事は正社員・正規職員、契約社員・非常勤職員、パート・アルバイト、あるいはフリーランスや自営といったさまざまな働き方をする人がいます。

どのような働き方をするのか、また経験や勤務先の種類・規模等によっても収入には差が出てきます。

しかしながら、高齢化社会が進む現代の日本では、とくに高齢者施設や福祉施設などで健康運動指導士が必要とされるようになっています。

さらに、社員の健康づくりに取り組む企業へ講師として派遣されたり、地域の健康教室で住民に対して健康指導を行ったりと、仕事の幅も広がっています。

これから健康運動指導士の必要性がさらに認知されていくことによって、少しずつ給与水準が上がっていくことも考えられます。

資格手当が付くことも

勤務先によっては、健康運動指導士の資格を取得することで、基本給に加えて資格手当(2万円前後)が支給されることがあります。

民間のフィットネスクラブなどで「スポーツインストラクター」として働く場合にも、健康運動指導士の有資格者は給料や待遇面で無資格者よりも優遇されることは珍しくないようです。

一般的に、就職の際はできるだけ給料が高い職場で働きたいと考えるものですが、資格手当の有無に関してもチェックしてみるとよいでしょう。

独立することも可能

健康運動指導士の資格や経験を生かして、フリーランスで活動する人もいます。

フリーになれば、行政や企業で健康や運動に関する講演・実技指導を行ったり、フィットネスクラブから依頼をうけて運動指導を行ったりと、さまざまな仕事に携わることができます。

基本的に、フリーになると自ら営業活動をしてお客さまとのつながりを持たなくてはならないため、事業が軌道に乗るまでには時間がかかるかもしれません。

しかし、順調に仕事の依頼が入るようになれば、どこかに勤めて社員として働くよりも多くの収入を得ることも可能になります。