健康運動指導士の求人、募集状況

求人を出す施設はさまざま

有資格者としての健康運動指導士の求人は、比較的多く見られます。

たとえば介護予防事業に取り組むクリニックや病院、リハビリを行うデイサービス、介護施設、公共・民間のスポーツジムやフィットネスクラブなど、さまざまな施設において健康運動指導士が必要とされています。

ただし、求人の内容は正社員としてのものだけでなく、契約社員やパート・アルバイトのものなども多くあります。

安定した給与や待遇が期待できる正社員の募集の場合、一度の採用人数が1人や2人だけといったこともあるため、それなりに競争は厳しくなる場合があります。

需要は人口の多い都市部に集中しがちですが、「運動による健康づくり」はどのような人にとっても必要なことであり、いかなる地域でも活躍できる仕事です。

現場経験が重視される仕事

なお、健康運動指導士の資格がなくても、先に挙げたような施設で働けることもあります。

ただし、だいたいの場合において運動指導の経験は必須とされており、資格が必須でなくとも健康運動指導士の資格は「あると歓迎」とされることが多いようです。

比較的高待遇といわれているのは医療施設ですが、求人数は他に比べると少ないようです。

専門知識も当然必要ですが、最も重視されるのは現場での対応力といわれます。

新人のうちはとにかく現場に出て経験を積みながら、キャリアを磨いていく努力が必要とされるでしょう。

介護予防に関わっていくうえでは、健康運動指導士の資格だけでなく、国家資格である保健士や管理栄養士、あるいは看護師、理学療法士、作業療法士などを持っていると、より就職先の選択肢が広がったり、待遇が良くなったりするといわれています。