検事の仕事内容

検事とは?

検事とは、法律に違反した人を取り調べ、起訴をするかどうかの判断を下し、事件についての立証を行う仕事です。

検事という職業名は、ドラマやニュースなどで耳にすることがあると思います。ですから、検事の仕事内容を大まかにイメージすることはできるかもしれません。

それでも、実際どんな仕事をしているのか、どのような立場なのか、警察官との違いは何か、など中々判りにくいのが実際のところでしょう。

検察官

まず、検事というのは「検察官」の中の役職名です。検察官の官名としては、「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」の5つがあります。検事を含め検察官は法務省に所属する国家公務員です。

「検事総長」「次長検事」「検事長」は最高検察庁、高等検察庁の長(または補佐)で、検事を含めた検察庁の職員を指揮する立場にある人たちです。最高検察庁は1庁、高等検察庁は全国に8庁ですのでほとんどの検察官は、検事、または副検事となります。

ですから、検察官と検事という言葉は正確には同じではありませんが、ここでの説明では同じものとして扱います。また、検事正、次席検事、といった言葉を聞いた事があると思いますがこれは検察官の職名です。

検事とは?

検事という職業名は、ドラマやニュースなどで耳にすることがあると思います。ですから、検事の仕事内容を大まかにイメージすることはできると思います。それでも、実際どんな仕事をしているのか、どのような立場なのか、警察官との違いは何か、など中々判りにくいのが実際のところでしょう。

検察官

まず、検事というのは検察官の中の役職名です。検察官の官名としては、「検事総長」「次長検事」「検事長」「検事」「副検事」の5つがあります。

「検事総長」「次長検事」「検事長」は最高検察庁、高等検察庁の長(または補佐)で、検事を含めた検察庁の職員を指揮する立場にある人たちです。最高検察庁は1庁、高等検察庁は全国に8庁ですのでほとんどの検察官は、検事、または副検事となります。

ですから、検察官と検事という言葉は正確には同じではありませんが、ここでの説明では同じものとして扱います。

また、検事正、次席検事、といった言葉を聞いた事があると思いますがこれは検察官の職名です。

検察官の仕事

では、検察官の仕事とはどのようなものでしょうか。

検察官の仕事としてまず思いつくのは,犯罪者を起訴することでしょう。もう少し説明すると、検察官は刑事事件について捜査及び起訴、不起訴の判断を行い、起訴が相当だと思えば裁判所に法の正当な適用を請求し、裁判の執行を指揮監督します。

犯罪の捜査を行う国家機関には、司法警察職員および検察官・検察事務官があります。

司法検察職員とは警察官等のことです。多くの事件では、直接的な捜査に当たっているのは警察官等の司法検察職員が多いと思います。事件数の多さや、検察官の人数が限られていることから、そうならざるを得ないのですが、本来は検察官が捜査を行うのが原則です。

そこで、検察官も必要な場合は、司法警察職員の捜査を指揮・指導したり、自ら被疑者や参考人を取り調べるなど証拠の収集を行っています。

捜査が終了すると、検察官は公訴を提起すべきかどうかを判断して、起訴又は不起訴等の処分をします。起訴されれば、裁判が行われ被疑者の罪について検討されることになります。

公訴権(起訴するか否かの決定権)は基本的に検察官だけに付与されています。検察官は捜査権限を行使して事案の真相を解明する、起訴すべき事案を的確に起訴するという極めて重い責任を負っている職業です。

また、裁判では陳述を行うことになります。検察官は、どのような犯罪が行われたか、被疑者に何か特別な事情があるか、求刑(科すべき具体的刑罰に関する意見)等を述べることになります。