検事からの転職

法曹三者

法律関係の職業、裁判官、検察官、弁護士、これらを法曹三者といいます。

法曹三者のいずれかになろうと思った場合、司法試験合格後、司法修習を行い、最終試験である二回試験に合格するというのが一般的なコースです。

裁判官、検察官になろうと思った場合、司法修習修了後、それぞれの採用試験に合格する必要があります。これに対して弁護士の場合は、司法修習を無事終了し、弁護士会に登録さえすれば活動できます。

弁護士への転職

上で述べたように、ほとんどの検事は弁護士になろうと思えばなれる資格を有しています。

また、検事の中には検察事務官から試験を受け、副検事になりさらに検事になった人がいます。このような司法試験以外のコースで検事になった人でも5年間検事として活動すれば、弁護士登録できると弁護士法に定められています。

基礎資格を有しており、容易に転職できることから、検事から弁護士へ転職する人はかなりいるようです。

みなさんも、元検事の弁護士と紹介される人をテレビなどで耳にしたことがあると思います。検事を辞めていることから、「ヤメ検」などと呼ばれることもあります。

弁護士になった後も、元検事のネットワークを仕事に生かせることがヤメ検の強みといえます。

一般の弁護士は民事系の法律を使うことが主ですが、検察官としての経験を積んでいるため、刑事系の法律、実務に優れた弁護士というのも特徴の一つです。

定年後に転身する人も

検事を定年退職後に転身する人もいますが、定年前に検事を辞め弁護士になる人もいます。定年前に辞める理由は人それぞれです。

たとえば、公務員の中でも特に制約が多い職種なので民間人として自由を求める、転勤、勤務時間などが自分のライフスタイルにあわなくなった、元々一定期間検事をした後弁護士になろうと思っていた、などなどです。
年収については、公務員で給料が安定している検事に比べ、弁護士は多い場合もあれば少ない場合もあります。

その他の転職先

検事を辞めて転職する場合、多くの人は法律の専門知識を生かした職に就くことになります。

弁護士になる人がもっとも多いですが、その他に大学の教師、公証人役場などに転職する場合もあります。