建築士のやりがい

ずっと形に残るものを

建築士が書いた図面は、大工たちの手によって実際に建物として作られていきます。

最初は自分の頭の中にしかなかったデザインが、図面になり、模型になり、やがてたくさんの人々の力を借りながら実際に形になっていくのを見るのは、とてもクリエイティブでワクワクすることです。

そうしてようやく建物が完成したときには、大きな感動を得ることができます。長年仕事をしてきたベテランの建築士でも、やはり建物の完成時は、毎回「この仕事をやっていて良かった!」と思うのだそうです。

さらに、こうやって作り上げた建物は、何十年、長いものでは何百年とその土地に残り続けます。良い建物であればあるほど、長い年月をかけて多くの人に愛される建物になります。

建築士の仕事は、自分が死んでもなお世の中に残り続けるものを生み出せる、尊い仕事でもあるのです。

心からの「ありがとう」に出会える

住宅やビルというのは予算も大きく、一度建てたら何十年と残るものであるため、人々にとって非常に大きな買い物です。特に家族にとっての「マイホーム」は一生に一度の買い物となることが多く、家族全員の夢が詰まった建物になります。

建築士の役割は、素晴らしい設計をすることで、このような家族の夢を実現させるお手伝いをすることでもあるのです。

完成した住宅を見て心の底から感激している家族を見たときや、「ありがとうございました!」「あなたにお願いできて本当に良かったです」と感謝の言葉をかけてもらうとき、建築士は大きなやりがいを感じることができます。

建物を通してさまざまな人々の人生に関わり、さまざまな人々を笑顔にすることができるのが、建築士の仕事なのです。