建築士に必要なスキル

最低限必要なスキル

建築士として最低限必要なスキルは、いうまでもなく建築の知識と図面作成能力でしょう。

建築の知識は大まかに、

・環境・色彩感覚・プランニングといった計画
・建築基準法や都市計画法を初めとする法規
・構造種別や強度といった構造
・工事現場での管理方法や作り方といった施工

の、4ジャンルに分類されます。

図面作成能力は、プランニング能力に加えて実際の図面の書き方も含まれ、近年では図面の作成にCADソフトを用いることが必須となっています。

上記のうち、CAD操作を除けばすべて建築士試験の受験科目となっており、建築士試験がいかに実務に直結しているものかがわかると思います。

パソコンのスキル

建築士といえども、いまやITを使いこなさなければまったくもって仕事になりません。

まず先ほども書いたとおり、図面の作成にはCADソフトが必須ですし、お客さまによりわかりやすくプレゼンをするにはパースなどの3D図面を作成するソフトも扱うことがあります。

3Dソフトは必須とまではいえませんが、きちんとしたプレゼンを行うために会社から求められる場合もありますので、スキルがあれば就職・転職に有利に働いたり、待遇面で優遇されたりすることにつながる可能性もあります。

図面以外でも、見積りや工事実行予算の管理といった財務面でエクセルなどの表計算ソフトが必要ですし、工程管理や施工管理でもエクセル等を用いる場合が多いです。

その際、関数を組み合わせたりVBAを用いてマクロを組んだりといったスキルがあると便利なのは言うまでもありません。

アナログなスキル

パソコンのスキルは比較的思い付かれた方が多いと思いますが、実はアナログなスキルが重要な場合があります。

たとえば、手書きのパースや間取り図がその代表例でしょう。お客さまとの打合せの中で、即興でできたイメージを伝えることができるからです。

とくにお客さまの目の前でササッとパースや図面を書くことは、自分のスキルのアピールにもなりますし、お客さまも普段見ることができない建築士の仕事を目の前でめれることから、とてもよいパフォーマンスになります。

また、文章作成能力がある程度求められる場合もあります。

とくに、設計コンセプトを伝えたりデザインで力を入れた部分を説明したりするのには、図面やパースだけよりも、そこに文章を加えた方がより明確にこちらのイメージを伝えることが出来ます。

このように、アナログなスキルもあると強い武器になるでしょう。