平成22年度の建築士の年収統計

※昨年度の建築士給与統計につきましては、<建築士の給料・年収>をご覧ください。

一級建築士の平均年収統計

・平均年収:5,508,200円
・平均年齢:47.3歳
・平均月給:398,500円
・平均賞与:726,200円

出典:厚生労働省「平成22年度 賃金構造基本統計調査」

一級建築士の年収(規模別)

一級建築士の年収は、規模が1,000人以上の企業では高めとなるようです。10〜99人は517万円、100〜999人は582万円、1000人以上705万円となっています。
一級建築士の年収(規模別)のグラフ

一級建築士の年収(年齢別)

一級建築士の年収は、35歳以降ほとんど変化がありません。年齢によって給料が上がることを期待するのではなく、実力をつけることが大切になりそうです。
一級建築士の年収(年齢別)のグラフ