建築板金工のやりがい

複雑な屋根をきれいに納めたとき

建築板金工は、さまざまな形の屋根や外壁に対し、金属板を折ったり切ったり曲げたりしながら、雨が建物内部に侵入しないように、風で飛ばないように、なおかつ美しく仕上げなければなりません。

これら作業はすべて職人の手によってなされるものであり、特殊な技能が求められる職業です。

とくに複雑な形状の屋根となると、さまざまな角度が入り組んでくることが多く、角同士の取り合い部分などは完全に「職人芸」の世界といえます。

そのようなものですから、複雑な屋根をきっちりきれいに納められたときは本当に満足できます。

また、そのような良い仕事を目指して技能を高めることにもやりがいを感じるものです。

手がけた物件が雑誌などに載ったとき

建築板金工が手掛ける屋根や外壁は、そのまま仕上げとして完成後も人の目に触れるものです。

デザインや材料の選定は当然、設計士や工務店などで行いますが、与えられたものをよりきれいに仕上げて人様の目に触れるということは、やはり嬉しいものです。

仕事は選べませんが、自分が手掛けた物件が雑誌などで紹介されたりしますと、とても嬉しいものです。こうやって形に残るものをつくるというのは、やりがいを感じるはずです。

突発的な修理に対応して感謝されたとき

屋根や外壁を工事する仕事は、何も新築や増改築などで新しく建築するものに限りません。

台風や大風などで屋根がいたんだり、地震で外壁がいたんだりしたときの突発的な修理もすることがあるのです。

とくに台風のシーズンは、次々に大型の台風が来ることがありますので、素早い対応が求められ、場合によっては臨機応変に対応することが必要になります。

台風で屋根が飛ばされたけど、しっかり直すには元々の屋根と同じ材料を用意しなければならないときがあるとします。

本来は、他の部分も直したりと時間がかかってしまうのですが、とにかく早く直したいときには手持ちの材料を用いて、ひとまずしのげるように応急措置をする、などです。

このように臨機応変な対応ができるのにはそれなりのスキルが必要なのですが、これによって建物のダメージを回避したり、とりあえずしのぐことができるわけで、家主さんから感謝されるものです。

当然のことをしているだけなのですが、直接感謝されると嬉しいもので、比較的大変な突発の修理も悪い仕事じゃないなと思うものです。