建築板金工への転職

やる気と情熱で道は切り拓ける

建築板金工には特別な資格や学歴は必要ありません。就職活動の際には未経験者歓迎の文言を多くの会社の求人で見つけることができるはずです。

新人はまず見習いとして採用され、建築板金のいろはを親方や兄弟子から指導されます。

建築板金の会社は小規模である場合が多いのでじっくりと技術の習得に集中することができるでしょう。

したがってまったくの未経験で建築板金工に転職を考えた場合でも、やる気と情熱があれば成功することは可能です。

ただし、経験者は即戦力となるため当然のことながら優遇されます。

採用人数の関係上、経験者と競合した場合に選抜されないこともありえますが、粘り強く活動を続ければ道は拓けるでしょう。

給料のダウンは覚悟

建築板金工の賃金は日給換算であるところがほとんどです。

見習いで7,000〜8,000円、その後は経験や技術に応じて最大で15,000円程度までアップしていくようです。

こう考えると収入としては比較的高額になるのではと期待する人も多いかもしれませんが、そうでもありません。

というのも建築板金の仕事は屋根やダクトの施工といった屋外の物が大半を占めるため、悪天候の場合、休工となってしまう場合もあります。

当然、そういった際は賃金が発生しません。また、コンスタントに仕事が入ってくるとも限らないため、実際手にする給料は前職よりも低くなったと感じる人が多いようです。

転職となるとすでに家族を養っているという人もいるはずです。自身のライフプランと相談し、決断は慎重に行いましょう。

求人情報は多いものの…

建築板金の求人は豊富とは言えないまでも常時一定数はあるため、就職活動がしやすいと考える人もいるかもしれません。

しかし、建築板金工の募集は比較的郊外の会社が多い傾向にあります。

したがって、必ずしも希望の地域で就職先をみつけられるとは限らないのが正直なところです。

そのため、気軽に転居できない持家の人や、家族の意向で住んでいる地域を離れられない人は求人を探すのに苦労するでしょう。

反対に場所さえ選ばなければ数社を比較しながら就職活動をすることができるはずです。

親方や兄弟子への敬意を忘れずに

建築板金業を営む会社は比較的小規模なものが多く、従業員の数も多くありません。そのため、親方や兄弟子との距離も近く、熱意次第で多くのことを学べるでしょう。

会社によってはアットホームな雰囲気のところもあり、和やかに仕事ができるかもしれません。

そうなるとつい人間関係もなあなあになってしまいがちですが、職人は縦社会が基本。どんなに優しく穏やかな親方や兄弟子であっても敬意を忘れずに接するようにしましょう。

前職でのキャリアを捨てゼロから学ぶ姿勢が必要です。そのような姿勢が技術の向上を促し、職人として一人前になるための助けになります。

年齢との兼ね合いも考えよう

建築板金工を含む職人の世界は一人前になるまでに長い時間がかかります。

そのため、転職の決断はなるべく若いうちがいいかもしれません。

会社の中には年齢の上限を定めているところもあるため、年を重ねるにつれて求人を見つけづらくなってしまいますので注意しましょう。