建築板金工の現状と将来性

景気に左右されるが悪くはない現状

建築板金工は建物の屋根や外壁を施工する仕事ですが、対象となる建物はほとんどが木造の住宅です。

数としては多くないものの、鉄骨の工場や倉庫などの大型の建物の屋根や外壁を施工することもありますが、こちらは公共工事というよりも民間の会社が発注することが多いものです。

いずれにしても、こられの建物の工事量は景気に左右されることが多いので、建築板金工の仕事は景気に左右されるといえます。

ですが、建築板金工の仕事は技能の職種ですし、機械化やオートメーション化が難しい類のものですので、現状も将来性もそれほど憂うことはないのでしょう。

また、昨今の好況を反映して仕事は増えているようですので、現状も良い方であるといえます。

新築の下請けばかりでは将来性がない?

建築板金工の仕事は、たいていの場合、元請となる建設会社や工務店といった元請業者から下請けに出されて受注するものです。

建物の絶対数がそこそこある時代ではこれでいいのでしょうが、これから少子高齢化が加速して建物の建築数が減っていく中では、このビジネスモデルでは限界があるように考えられます。

そのため、下請けばかりではなく、積極的に直接仕事を受注することができる能力が必要とされるようになるでしょう。

そもそも下請けの場合、元請で10〜30%程度のマージンを取られますし、これが孫請け(下請けのさらに下請)ともなるとさらに同じくらいのマージンが取られますので、元値の半値近くに叩かれることもあるのです。

元請で仕事を取れれば、これらのマージン分を設けとすることもできますし、多少値下げして提案することもできるのです。

ただし、新規のお客を取るのは難しいですし、下請け・孫請けであっても継続的に仕事があった方がいい面もあります。では、どのような仕事で元請となるべきなのでしょうか。

これからはリフォーム需要

リフォーム工事は元請を取りやすい仕事の一つです。とくに、屋根や外壁の張替えなど、建築板金工が単体でできる仕事を元請で取る努力をするべきでしょう。

屋根や外壁は、定期的な塗装などのメンテナンスをしっかりしておけば、長持ちするものですが、ほとんどの方はそのような手入れをせずに悪くなるまで放置してしまいます。

そのような潜在需要がある市場を掘り起し、積極的に仕事を取っていくことが、これから伸びるためには必要となってくるでしょう。

なお、この手の仕事では悪徳業者がいることも事実ですので、しっかりと実績や評判をつくるまでは大変かもしれませんが、それを乗り越えれば将来がひらけてくるのではないでしょうか。