建築板金工の志望動機・面接

会社の特色をよく見極めよう

建築板金の会社は少人数で経営しているところが多いのが特徴です。規模の小さな会社は経営者の方針が徹底されており、会社全体のカラーを形成する場合がほとんどです。

そのため、会社の方針に自身が賛同できない場合、そこで働くのは難しくなります。

建築板金工を志望する人はまず、多くの求人にあたり、会社の雰囲気や経営方針、ビジョン等を精査した上で応募を決めましょう。

そして、自分が惚れ込める会社が見つかったら、志望動機には必ずその思いを盛り込みましょう。

この会社のどのようなところに魅力を感じたのかということや、ここの一員としてやっていきたいという情熱を語ることで、こだわりを持って経営している先方に好印象を与えることができるはずです。

手先を動かすことが好きな人が集まる職種

職人の基本はものづくりに対する情熱といっても過言ではありません。

自身の人生を振り返ってみて、何かを作ることに熱心に取り組んだ経験があればそれは志望理由として成立します。

もちろん、それはポジティブなエピソードでなければなりません。幼少期の経験のみならず、直近の職業訓練校での経験でも良いでしょう。

何か特別な技能を持っていたり、表彰された経験があったりする人はこのあたりに盛り込むことで自身の器用さをアピールすることができます。

職業研究を怠ってはならない

建築板金工に限ったことではありませんが、どのような職業を志願する場合にもその職種について多角的に研究しておくことは必要不可欠です。

とくに建築板金の仕事は知る人ぞ知る職種という側面もあるため、先方としてはなぜこの職業に興味を持ったのか、本当にこの職業を理解しているのかなど気になるポイントが多々あることが考えられます。

採用するからには長く勤めて一人前になってほしいというのが雇用側の本音。先方の不安を解消できるように職業研究は十分にしておきましょう。

その際、実際に建築板金工が仕事をしている現場を見てみるのもおすすめです。

その過程で感じた率直な気持ちをまとめておき、面接で語れるように準備しておくと、オリジナリティのある志望理由を仕上げることができるはずです。

また、建築板金工という職業を深く知ることで自身の適性も明確になり、面接の際の一言一言に重みが出るでしょう。