建築板金工の求人、募集状況

都会でも地方でもある求人募集とその条件

建築板金工の仕事は、建物にまつわるものですので、都会でも地方でも仕事があります。そのため、求人も都会・地方問わずあります。

募集条件に関しては、仕事内容が技能中心のものですので、学歴や資格も不問の場合が多いです。

ただし、建築板金技能士や高所作業車・玉掛け作業などの免許があると優遇されることが多いです。また、経験者も優遇されます。

年齢も不問と記載されている場合が多いのですが、未経験の場合には制限されていたり、経験者でも実質的には上限が決まったりしていることがあります。

これは、高所での作業で危険が伴うばかりでなく体力も必要とされることによります。

景気に大きく左右される求人募集

建物は景気が良くなると多く建てられ、悪くなると件数が減るものです。

そのあおりは建築関連職種の求人によく現れ、建築板金工の求人募集についても例外ではありません。

とくに建築板金工は、木造住宅や鉄骨の工場などの工事を主体に活躍する職種ですので、公共工事よりも民間の景気に左右されるやすいといえます。

建築板金工に限ったことではありませんが、景気が悪いと求人募集は減るものの、そのような悪い中でも求人を出す会社は底力がある会社という考え方もできます。

他の会社が縮小を余儀なくされている中で求人を出せるというのは、健全な経営ができてこそだと思われるからです。

少し逆張り的な発想にはなりますが、景気が悪いときに求人を出している会社も見方を変えればよい発見につながるかも知れません。

よく調べて応募すること

建築板金工は、建築系の職種の中でも職人肌が強い社会です。

これは技能の仕事ですので当然といえば当然なのですが、待遇面や福利厚生面がおろそかとなってしまっている企業もあるのも事実です。

求人募集の情報ばかりをうのみにせずに、できれば関係者や近所の方に評判を聞いたりするなどして、可能な限り幅広く情報を集めておくとよいでしょう。