携帯ショップ店員への転職、中途採用

転職しやすい職種

携帯ショップ店員の求人を見てみると転職者の受け入れにかなり寛容であることが分かります。

むしろ社会人経験を優遇する旨を明記している会社も多く、転職活動中の人にとって門戸が広い職種であるといえそうです。

積極的に挑戦するといいでしょう。

年齢制限に注意

学歴や経験は不問といったように応募条件はほとんどないともいえる職種ですが唯一、応募年齢の上限が設定されている会社があるので注意が必要です。

これは若年者のキャリア形成を目的としたものであり、採用年齢の上限を35歳に設定しているところが多く見受けられます。

実際の現場も若年者の活躍が目立つため、そのあたりを留意して転職を決定しましょう。

正社員を目指すかどうか

携帯ショップは各キャリアから販売を委託された代理店によって運営されています。

同じように見える店舗でも経営母体が異なるということです。

したがって求人も数店舗見比べた上で応募を決めるようにしましょう。

正社員として雇用されることを目指す場合は必ず代理店が直接出している求人に応募する必要があります。

というのも、携帯ショップ店員の多くは派遣会社に雇われており、正社員登用が極めて難しい立場にあるのです。

もちろん、派遣社員ならではのメリットもありますが正規雇用を目指している場合、代理店に雇用されることが第一歩です。

始めは契約社員としての雇用かもしれませんが努力次第で可能性が拓けていくでしょう。

前職での経験を生かせる

携帯ショップ店員に中途採用されている人の中には前職で接客を経験している人も多数います。

前職で得たスキルをそのまま生かして活躍できることは大きな魅力の一つであるといえます。

会社側も前職での経験に期待しているため、採用面接時にもアピールポイントの一つになるでしょう。