携帯ショップ店員に向いている人、適性

人と接することが好き

接客業に従事するにあたり、最も重要な適性です。

加えて携帯ショップは客層が幅広いため、老若男女問わず円滑なコミュニケーションが取れることが求められます。

どのような相手であっても、状況に応じた対応が臨機応変にできるように、日頃からアンテナを広げておくと良いでしょう。

我慢強い

携帯ショップ店員はクレーム対応が多い職種です。

時には理不尽な苦情に気丈に応じなければなりません。

反論したい気持ちをぐっとこらえて客の話に耳を傾けることは業務の中でも辛いもの。

短気な性格の人にはなかなか難しい部分もあるでしょう。

落ち込み過ぎない

前項と重複しますが精神力の試される場面の多い職業であるため、自身を責めてしまうことも珍しくありません。

反省すべきところはきちんと反省し、次回に生かすべきですが過度に落ち込み過ぎるとかえって心身の健康を害すなどして業務に支障が出てしまうこともあります。

周囲に相談するなどして悩みやストレスをコントロールしながら前向きに業務に向き合えることは重要な適性です。

人に教えることが好き

客の中には携帯電話の機能やキャリアの提示する料金プランに関して知識を持ち合わせていない人が少なくありません。

特に最近では高齢者向けの機種が広く普及していることから、機械に疎いシニア世代も携帯電話を所有するようになりました。

初歩的な機能であっても手にあまり、来店してくる人も多数見受けられます。

そういった人たちに対して懇切丁寧にレクチャーするのも携帯ショップ店員の大切な業務の一つです。

人に何かを教えることを苦に思わない人は携帯ショップ店員に向いているといえます。

機械が好き

携帯ショップ店員は機械を扱うことが好きな人が多い職種です。

データ移行や各種設定等、専門的な操作を難なくこなすためにも機械への抵抗がある人は苦労するかもしれません。

加えて携帯電話自体の操作が得意な人もその知識や技術を大いに生かしています。

接客の際におすすめのアプリや使い方のコツなどを織り交ぜることでより高い満足感を客に与えることを目指せます。