携帯ショップ店員の志望動機、面接

まずは身だしなみから

どのような職種であっても整った身だしなみが基本であることは言うまでもありません。

特に接客業の場合は厳しく見られることを心得ておいてください。

携帯ショップ店員は男性の場合、スーツが基本となります。

正しい着こなしで面接試験に臨むことを心掛けましょう。

女性の場合、入社後は支給された制服を着用することになりますが形はスーツに準じます。

男性同様、面接時のスーツは清潔感のある爽やかな着こなしをするようにして下さい。

店員はショップの顔。

ここでは詳細に触れませんが好感を持たれる身だしなみを研究することが必須です。

正しい言葉遣いで

これもどの職業にも共通して言えることですが特に接客業の場合は面接時から重視されるポイントです。

入社後も資格試験の度に確認されます。

面接前には十分に対策し、当日焦ることのないようにしましょう。

接客経験は大きなアピールポイント

学生時代のアルバイトや前職などで接客に携わっていた人は面接時に強調しておきましょう。

その際、自身が心掛けていたことや印象に残っていることなど独自性のあるエピソードが語れるようにしておくことをおすすめします。

人と接するのが好きであることは伝えたい

とにかく一日中接客をする職種であるため、人と接するのが好きであることはどのような形であっても織り交ぜたい志望動機です。

クラブ活動やアルバイトでの経験、性格面で社交性があることなどどのような自分自身の解釈で構わないので人と関わることに前向きであることは必ず語るようにしましょう。

機械が好きであることも評価される

携帯ショップの店員はPC操作を始め、タブレット、スマホ、携帯電話、その他周辺機器の操作に必ず携わることになるのは言うまでもありません。

得意な人は面接時に話せるようにしておきましょう。

資格不問の職種ではありますが持っているものがあればアピールすると良いでしょう。