携帯ショップ店員の資格

採用条件に必須資格なし

携帯電話ショップに勤めるためには特に必須資格はありません。

強いて言うならば高卒資格さえあれば、自信を持って就職活動を行うことが可能です。

基本的なPC操作は身に付けておこう

接客の際に客の個人情報を始めとするデータをPC入力することになるため、基本的な操作はできておいた方がよいでしょう。

Word やExcel は使えることが望ましいといえます。

特別な資格取得に至らぬまでも書店で手に入るテキストを使用し、入社後困らないように準備しておくことをおすすめします。

また最近ではPCの代わりにタブレットを使用するケースも増えてきているため、併せて使用できるようにしておきましょう。

ショップ独自の資格取得を目指す

携帯ショップでは接客サービスの向上のため、独自に資格認定試験を設けています。

ランクが3~4段階に分かれており、上位になるともちろん難易度も高くなり給与にも大きく違いが出てきます。

試験は春と秋の年2回行われ、最も下のランクで入社後3~6か月後に受検に挑戦することが可能になります。

出題は料金プラン等のサービスはもちろん、携帯端末の知識、携帯業界の情報、また他社サービスのことも出題されます。

ある大手キャリアの場合、制限時間90分で問題数は100問程度、ほとんどが4択問題になっています。

試験結果はその日のうちに発表され、120点満点中90点がボーダーラインとなり2次試験に進めるかどうかが決まります。

ただし、合格ラインに満たない場合でも普段の勤務態度や実績、客からのアンケートなどによって補填されることもあります。

その逆もしかりです。

2次試験はロールプレイング形式となっており、実際の接客を想定した試験内容で「身だしなみ」「言葉づかい」「立ち振る舞い」「気遣い」「説明のわかりやすさ」「おすすめの仕方」などが審査されます。

無事に資格が取得できた暁には、毎月資格手当の支給が受けられるようになります。

一番下のランクでも7000~15000円程度の手当がつくため、試験自体が店員のモチベーション維持の役割も果たしているといえます。

スキルアップのための資格

総務省が後援するMCPCスマートフォン・モバイル実務検定というものがあります。

これは消費者保護のための立場から習得しておくべき知識や対処法などを養う資格制度です。

難易度はそれほど高くなく、テキストで対策すれば十分合格を狙うことが可能で、16歳以上であれば誰でも試験が受けることができます。

試験はCBT方式と呼ばれるコンピュータ試験で期間中であればいつでも受験が可能です。

合否判定もウェブ上で確認できます。

店舗によっては受検料の補助が出たり、取得後に手当がついたりするため、入社後は是非チャレンジするといいでしょう。