携帯ショップ店員の1日

1日の流れ

9:30 出勤

早番の時は開店に合わせて出勤します。

9:45 打ち合わせ・開店準備

1日の業務目標を出勤している店員で共有した後、店内を清掃するなどして客を迎える準備をします。

10:00 開店

最初の来店者を店員全員で迎えます。

10:30 窓口業務

窓口に入り、番号順に案内される客の対応を行います。窓口によって対応する内容が異なります。

12:00 休憩・昼食

交代で休憩に入り、昼食をとります。

13:00 店頭で接客

店頭に立ち、声掛けを行い客の疑問等に応えます。

15:00 イベント運営

使い方講座や縁日など販促イベントをとりしきります。

16:00 休憩

接客の合間に休憩ととります。

16:15 店舗前でサンプリング

広告入りのティッシュやうちわ等を通行人に配布し、販促を行います。

17:00 窓口業務

17:30 勤務のまとめ

その日の勤務内容を日報に記入したり、対応した客の書類を整理したりします。

18:00 退勤

シフトによっては閉店後に退勤することも。

2~3交代制シフトで勤務

携帯ショップ店員はシフト制勤務が基本。

店舗の営業時間を中心に開店前から入る早番と閉店後まで残る遅番とがあり、日によって出退勤時間が異なるのが一般的です。

開店時には立位で客を迎え、一定の時間まで揃って挨拶をし、閉店時には最後の客を店舗前まで全員で見送る店舗が多いのは接客業ならではといえます。

打ち合わせや研修は重要業務

競争の厳しいこの業界では契約者数を伸ばすことが何よりも優先されるもの。

そのために本社が仕掛けるイベントやキャンペーンは日々情報が更新されるため、全店員が最新の状況を理解し共有していくことが大切になってきます。

打ち合わせは最重要業務の一つであり、場合によっては適宜研修も開かれます。

立ち仕事も多い

イベントやサンプリングを交代制で担当します。

比較的若手が担うことが多い傾向にあります。

前掲のように契約者数を増やすための大切な業務の一つです。

休憩は交代で

休憩は店舗の運営上、一人か二人ずつでとるのが一般的です。

これは接客業全般に共通していえることでしょう。

繁忙期には昼食をとる暇もない、というのも珍しいことではありません。

一日の大半は窓口業務

店を訪れた客はまず入り口付近で来店目的にあった番号札をとり、コールを待つことになります。

店員はそれぞれの窓口に入り、大体同じ目的で訪れた客の対応をします。

新規契約者担当、料金プランの見直し担当、故障担当といった形で日によって担当する客が異なります。

内容によって一人の客に対峙する時間の長さはまちまちで負担にも差があるため、交代しながら業務にあたっています。

書類の扱いまで気を抜かない

携帯ショップ店員の扱う書類は個人情報が多く含まれるため、細心の注意を払っています。

客の対応をするたびに、知りえた個人情報をPC入力するなどして適切に扱い、破棄すべきものは破棄します。

ミスが決して許されない業務です。