携帯電話会社社員の現状と将来性

携帯電話会社の存在感は高まっている

現在、日本における携帯電話会社は、大手である「NTTドコモ」「KDDI」「ソフトバンク」の3社がしのぎを削りあっている状態です。

ここ20年ほどの間における急速な携帯電話の普及、そしてスマートフォンの登場と進化により、携帯電話会社の存在感はますます増しています。

今後もモバイルの技術革新は続き、スマートフォンなどの新製品も続々と登場することが予想されるなか、人々の生活をより便利に、快適にする携帯電話サービスを提供する携帯電話会社への期待感は、さらに高まることが予想されます。

ただし、最近ではスマートフォンの普及が落ち着いてきたことから、一時期に比べると携帯電話会社の伸び率は鈍化しつつあるようです。

こうしたことからも、各社は新規事業への取り組みも積極的に行っています。

今後の携帯電話会社は新しいビジネスを創造しながら、さらに大きな組織への成長を目指していくものと考えられます。

企業としての安定性は?

上記で挙げた携帯電話会社はいずれも大手企業であることから、それなりの安定性があるといえます。

実際、携帯電話会社の給料は、一般的な会社員の平均年収に比べるとやや高めの水準となっており、福利厚生や休暇制度なども充実させている企業が多いです。

民間企業である以上、今後の経営状態によっては社員の新規採用人数が大幅に減ったり、給料にマイナスの影響が出たりすることも考えられますが、携帯電話市場はまだビジネスとしての可能性が残っているといわれることから、将来性についてもさほど心配はいらないものと思われます。

とくに、業界ナンバーワンであるNTTドコモについては日本を代表する大手企業NTTグループの一員です。

NTT自体が古くから通信インフラ業界の最大手として長い歴史を誇っていることからも、安定性については、他社以上の強みを持っているといえるでしょう。