携帯電話会社社員に必要な資格、スキル

新卒は特別な資格やスキルは必要なし

携帯電話会社社員として働くうえで、絶対に必要とされる資格やスキルはとくにありません。

新卒採用の場合、応募資格に掲げられている学歴や年齢さえ満たしていれば、だれでも応募することができ、社員として活躍できる可能性があります。

業務を進めるうえで必要なスキルや資格については、入社後の研修を受けたり、業務を通して自ら学び、身につけることができます。

携帯電話会社は規模が大きく、多様な個性や価値観を持った人材を求めています。

そして、何か特別なスキルがないと絶対に働けないというわけでは決してありませんが、「こうなりたい」という将来の目標は重視されます。

まずは携帯電話会社で働きたいという気持ちを大切にし、志望動機を明確にしておくことが大切だといえます。

ただし、企業によっては、特定の分野に対して深い専門知識を持っていたり、秀でた実績を残したりしている人は特別な採用枠で採用され、そのスキルを生かせるフィールドで活躍できるチャンスも用意されています。

キャリア採用ではスキルも求められる

ただし、すでに社会人経験を持っている人を対象とする「キャリア採用」については、採用時点で一定のスキルや業務経験のある人が求められるケースが多くなっています。

キャリア採用では、新卒のように「総合職」といった形で一括採用されるわけではなく、「ソリューション営業」「海外ビジネス戦略推進」「物流企画」「システムエンジニア」といったような職種別で募集されています。

そのため、職種ごとに「○○の経験が3年以上ある人」「ビジネスレベルの英語力を持っている人」といったように、具体的な条件が挙げられる傾向にあります。

ただし、会社によっては既卒者を対象とした採用試験でも、新卒と同様に、特別な資格やスキルを応募条件に掲げていない場合もあります。

どの程度のスキルや資格が必要かどうかについては、各社の募集要項をよく確認する必要があります。