携帯電話会社社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

携帯電話会社の一般的な勤務時間は、本社勤務の場合だいたい9:00~18:00くらいであり、正社員であれば1日の実働は7時間30分から8時間程度です。

販売員として店舗でお客さまと接する仕事をする際は、店舗の営業時間に準ずるため上記の限りではありませんが、基本的には日勤の仕事となっています。

なお、部署によってはフレックスタイム勤務制度や裁量労働制勤務制度が取り入れられていたり、シフト勤務・交代制勤務で働く場合もあります。

またテレワークなど、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を取り入れている企業も増えているようです。

大手携帯電話会社は全国展開しており、本社のほかに全国各地あるいは海外に複数の事業所があります。配属部署や勤務地によっても、勤務時間は多少変わってくる可能性があります。

休日・休暇

携帯電話会社の休日は、本社勤務の社員の大半は土・日曜日が休みの「週休2日制」となっています。

このほか、祝日ひや年末年始も休みとなっていますが、部署によってはシフト制勤務となっているため、必ずしも固定の曜日に休めるとは限りません。

平日が休みになることもありますが、基本的に週2日(月8日以上)の休みがとれるようになっているようです。

代表的な休暇制度としては、年次有給休暇、リフレッシュ・介護・育児・ボランティア休暇、夏季休暇、結婚休暇、忌引休暇、病気休暇などが挙げられます。

残業

各携帯電話会社では、社員が長く安全に、健康的に働ける環境づくりに力を入れているようです。

労働時間の管理などもきちんとなされているため、安心して働けるといえるでしょう。ただし、仕事である以上、業務の進捗状況や時期などによっては、残業をして対応しなくてはならないこともあります。

他の業界・業種の会社と同様に、残業が発生する可能性も十分にあることは理解しておいたほうがよいでしょう。