女性の携帯電話会社社員

大勢の女性社員が働いている

携帯電話会社では男性・女性問わず働くことができ、すでに大勢の女性社員が活躍しています。

業務内容もさまざまで、いわゆるオフィスワークの事務職だけではなく、営業、企画、マーケティング、あるいは技術職としても、各領域で女性の活躍がどんどん目立つようになっています。

また、管理職に就く女性の割合も時代とともに高まっており、女性だからという理由で職域が制限されたり、昇進できなかったりということはありません。

携帯電話を利用するお客さまは、男性だけでなく女性も大勢いますから、女性ならではの視点が仕事に生かせる場面もたくさんあるといえます。

女性の活躍を推進する制度も多数

最近では、女性が結婚・出産を経たり、家庭の状況が変わったりしても長く働き続けられるように、携帯電話各社も出産・育児・介護などに関する制度を充実させています。

そのおもな例として、育児休業や特別休暇といった制度以外にも、たとえば育児中は時間外勤務や深夜勤務が制限されたり、短時間勤務ができたり、あるいは一度退職した社員でも一定期間以内に社員として再雇用されたりする制度などが挙げられます。

また、携帯電話会社は海外を含めた全国規模で事業を展開しているところが多いですが、「転勤は避けたい」という人のために、別の区分での採用を行っている企業もあります。

多様な価値観を持つ社員が長く働き続けられるよう、各社ともさまざまな取り組みを行っているといえるでしょう。

女性が多く活躍している職種

携帯電話会社では、どの職種でも女性が活躍していますが、とくに女性の割合が大きいのはショップで働く「販売職」や、コールセンターで働く「カスタマーサービス」です。

この2つの職種は、正社員以外に派遣社員やパート・アルバイトの形で採用されるケースも多いことから、家庭などプライベートの時間を優先させたい人にとっても、仕事を続けやすいといえるでしょう。