警察官の転勤、異動

警察官の転勤

警察官の転勤は多い?

警察官は公務員の一種ですので、ほかの公務員と同じように、転勤はつきものといえます。

転勤する間隔としては3年~5年ほどが一般的ですが、1年ほどで転勤になるケースもあれば、ひとつの部署に10年留まるケースもあり、一概にはいえません。

転勤先については、希望する地域や部署など、キャリアについて本人の意思を聞く機会が設けられていますが、組織としての都合もあるため、必ずしも希望が聞き入れられるとは限りません。

結婚して配偶者も働いている場合などは、仕事を続けるかどうかで悩む可能性もあるでしょう。

ただ、近年は、家族の勤務事情や子供の学校の都合などで、転居の負担が重いと判断される場合には、ある程度転勤先が考慮されるケースも増えつつあるようです。

国家公務員と地方公務員の転勤先の違い

国家公務員試験を受けて警察官となったいわゆるキャリアについては、全国各地に転勤する可能性があります。

また、一般的には、昇進すればするほど転勤する頻度が高くなるといわれていますので、組織でトップを目指すなら、ある程度プライベートを犠牲にする覚悟が必要になるかもしれません。

なお、警察組織だけでなく、人材交流やスキルアップを目的として、外務省などの他省庁に出向する人もいるようです。

これに対し、都道府県警察で働く地方公務員の警察官の場合は、原則として都道府県内に限っての転勤となります。

異動距離はさまざまで、転居が伴う場合もあれば不要の場合もありますが、それぞれの警察本部や警察署の周辺には独身寮や家族向けの宿舎があり、経済面における負担は少なくてすむよう配慮がなされています。

ただ、既にマイホームを購入している場合などは、転勤先が遠方であると、通勤に長時間がかかるようになってしまうケースもあるようです。

警察官の異動

警察官の異動の特徴

警察組織は非常に大きく、さまざまな部門がありますので、一般的には春と秋の年2回、異動となる可能性があります。

同じ部門内で配置換えになるケースもあれば、「交通部門」から「地域部門」、「機動隊」から「刑事部門」といったように、部門間をまたいだ異動となるケースもあります。

このため、異動の時期が近づくと、そわそわして落ち着かなかったり、異動の噂が気になる警察官も少なくないようです。

とくに若手のうちは、幅広い業務を経験することで警察官としてのスキルを高めていくことが求められますので、まったく違った仕事を手掛ける部門に異動することも珍しくありません。

警察官にとって、異動は業務環境が激変する可能性のある一大イベントといえるでしょう。

異動のメリット・デメリット

異動は、慣れない業務や人間関係に戸惑ったり、覚えることが多くて負担に感じたりと、ネガティブな面もあるかもしれません。

しかし、今までとは違った仕事にトライすることで、視野が拡がったり、自分でも思わぬ適性が見つかったりすることもあり、決して悪いことばかりではありません。

警察官として働いていく限り、絶対に異動は避けられませんので、たとえ希望していなかった業務に就いたとしても、積極的にチャレンジしていく姿勢を持ち続けることが大切です。