警察官の転勤、異動

警察官は転勤が多い?

警察官の仕事には転勤がつきものです。転勤間隔は3〜5年が多いとされていますが、まれに1年ほどで転勤になる人もいるため、一概にはいえません。

ただし、一生転勤をせずに終えるという警察官は皆無に等しいといえます。

都道府県警で働く地方公務員の警察官の場合は、原則として同じ都道府県内での転勤となります。そのため、他道府県への転勤はありません。

ただし、自宅から通えない距離の警察署などに転勤が決まった場合には引越しをするか、独身寮もしくは宿舎に入ります。

一方、国家公務員として働く警察官は、転勤範囲が全国に広がります。一般的には昇進すればするほど、転勤の回数も増えるといわれています。

異動について

警察はとても大きな組織であるため、「交通部門」から「地域部門」へといったように、別の部門へ異動となることもよくあります。

若手警察官は、さまざまな業務を経験しながら警察官としての能力を高めていくのです。

異動に対してネガティブなイメージを抱く人もいるかもしれませんが、新しい仕事を経験することは、視野を広げたり、自分にとって合う仕事を見つけられるチャンスでもあります。

転勤はよっぽどの場合を除いて避けられませんが、本人の希望と適性、能力によって、希望の部署への異動は考慮してもらえる場合もあるようです。

基本的には個人ではなく組織としての事情が優先されるため、全員の希望が叶うわけではありません。

しかし、「どうしても○○の仕事がしたい!」という気持ちがある場合は積極的にアピールしておくとよいでしょう。

なお、勤務年数を重ねる中で、結婚をしたり、子どもが生まれたりといったことがある場合には、適正な勤務ができるよう、配属先を考慮される部分もあるようです。