警察官の勤務時間・休日

警察官の勤務スタイルは、大きく「交替勤務制」と「毎日勤務制」の2通りがあります。どのような仕事に就いているかによって、勤務時間も変わります。

交替勤務制

交番勤務の警察官は、このスタイルで働いています。

個々が当番→非番→日勤(もしくは休日)を繰り返しながら、24時間を3交替制で勤務するのが一般的。日によって勤務時間が異なる変則的な形です。

交番勤務の警察官の勤務時間(例)

当番(1日目)

朝8時半~翌朝8時半ごろまで勤務します。

24時間勤務ですが、間に合計で8時間程度の休憩を挟みます。その時間は勤務時間として計算されません。

24時間起きっぱなしというわけではなく、仮眠時間も用意されていますが、書類の作成などに追われ、仮眠する時間がなくなってしまうこともあるようです。

非番(2日目)

朝8時半まで働いた後ですので、この日は勤務がありません。なお、非番は「休日」にはカウントされません。

日勤(3日目)

朝8時半から夕方ごろまでの勤務です。月に何度かは休日となります。

他にも、日勤→夜勤→非番→休日といったスタイルを繰り返す警察もあるようです。

24時間勤務のときには、内勤でない場合には、長時間労働となることがありますので、覚悟をしておいた方がよいでしょう。

休日

4週間のうち8日休みという形態です。

ほかに祝日休、年末年始休、年次有給休暇(20日)、特別休暇(結婚、出産、ボランティアなど)、介護休暇、育児休業等があります。

毎日勤務制

デスクワークの警察官が働いているスタイルです。

月曜から金曜まで毎日朝8時半~17時15分まで(例)の勤務を行います。週の勤務時間は38時間45分となり、土日祝日が休日となります。

休日も休めない?

警察官の仕事はとても忙しく、休日でも大きな事件があれば呼び出されることはちょくちょくあります。

仕事内容にもよりますが、刑事ともなれば休日や夜に呼び出されることもありますし、交番勤務の場合も事件が解決するまで帰れないこともあります。

事件や事故はいつ起こるかわかりません。警察官になった以上、休日返上となる可能性もあることは覚悟しておく必要があるでしょう。