競輪選手に必要なこと

新人選手は、実力不足を思い知る

デビューした新人は、最低ランクのA級3班に振り分けられます。その後、レースの着順に応じて獲得できる得点が増えれば、所属するランクが徐々に上がっていきます。

しかし、新人選手では、レースに出場しても、まず勝てません。第一線で活躍する選手に比べると基礎体力で劣りますし、体の力をペダルに伝える技術でも劣っています。

また、レース展開の読みや駆け引きでは、まったく歯が立たず、自分の実力不足ばかりを思い知らされます。

実力をつけるため、地道に努力できることが必要

といっても、新人選手にとっては、そこからが勝負です。もともと、新人で、ランクがトントン拍子に上がっていくのは、ほんの一握りのエリート選手だけ。

大半の新人選手は、実力不足を思い知らされたところから、本当の競技生活が始まるといえます。

約2700人の競輪選手の中で、ランクをアップさせようと思えば、地道に努力するしかありません。それには、ひたすらペダルをこぐことと、筋力トレーニングをすることです。

第一線で活躍する選手は地道に努力してきた人ばかり

1日に一般道を200キロ走ったり、早朝4時、5時から、バンクを借りて2時間みっちり練習したり。

そういう生活を毎日続けることで、自転車に乗る姿が少しずつ美しくなり、自分の力が効率的に自転車に伝えられるようになってきます。

また、乗り込み練習と、筋力トレーニングを地道に続けることで、太ももが少しずつ太くなってきます。

第一線で活躍している選手のように、太ももの周囲が60㎝以上になるには、厳しいトレーニングを継続させるしかありません。

第一線で活躍する先輩たちも、そうして自分の実力をアップさせてきたのです。

師匠や仲間との付き合いも大切

師匠や仲間とうまくつきあうことも、競輪選手として成功するには大切なことです。

競輪選手には、たいてい師匠がいて、師匠を慕う選手たちがグループを作っています。一般道を走ったり、競輪場を借りて行うトレーニングは、この仲間と一緒に行います。

先輩たちとうまく付き合っていれば、レース展開や駆け引きについて教えてもらえますし、いろんなアドバイスをしてもらえます。

そして、何より、競輪選手として、プロ意識をもちながら、地道に努力する姿も身近で見ることができます。

師匠の教えを守り、先輩にあこがれ、その先輩たちから可愛がってもらいながら、いろんな面で学び、成長していく。こういう昔ながらの雰囲気が色濃く残るのが、日本の競輪界の大きな特徴の一つです。

こういう世界に喜んで入っていけるという生活と熱意が、競輪界で成功するには必要です。