経理の仕事、業務内容

一般的な経理と経理事務の仕事内容の違い

経理スタッフは、毎月の業務として給与計算、経費精算、売掛金の回収と買掛金の支払い、税理士や公認会計士との折衝などを行い、月末に月次決算書を作成します。

これを会社により四半期、半年、1年ごとに集計し、決算書を作成することを主な業務内容としています。

ベテランになると会社の金銭的な課題や問題点を洗い出して経営陣に提案したり、IR活動を行ったりといった、より経営サイドに近い業務をこなす人もいます。

これに対して経理事務スタッフは、経理の業務のうち事務作業寄りのものを中心に担当します。製品の発注を受ける電話対応、見積書や伝票の作成、仕訳帳へのデータ入力などがこれに当たります。

また近年では経理ソフトが非常に使いやすく進化したため、パソコンで売掛金、買掛金、経費などを入力するだけで決算書を作成することができ、給与計算もコツをつかめば難しいものではありません。

そのため、経理の専門職を置かずに、経理事務スタッフにある程度の研修を行い科目や仕訳などの基礎的な知識を習得してもらって、従来の経理業務の大半を任せる企業も増えてきています。



会社により定義が異なる経理事務

「経理」「経理事務」「一般事務」の立て分けは会社の規模や方針により異なり、一概に定義することはできません。

ある会社では、一般事務や経理を設けず、「事務」セクションの中に営業事務、総務事務などと並んで経理事務を設けています。

給与計算などのパソコンソフトでできる範囲内は社内で経理事務が行い、年末調整や決算書の作成、税金の計算などの専門的な処理は会計士にアウトソーシングするというパターンです。

またある会社では、経理部の中に経理職と経理事務職のそれぞれのスタッフがいて、新卒者や未経験の新入社員は経理事務として入社。

実務経験を積みながら簿記検定2級以上を取得し、専門的な知識とスキルが身に付いたことが認められると経理に昇格するという方式を取っています。

いわば、経理アシスタントを経理事務と位置付けているのです。

仕事体験談