経理への転職、未経験採用



未経験・無資格者の経理への転職

経理は経験者が優遇される職種の代表ともいえ、未経験者の転職は非常に厳しいものです。

ましてや簿記検定2級以上の資格も持っていない人にとっては、もっとも難しい状況だといえるでしょう。

未経験の新卒者を採用する企業もありますが、これは長期的に雇用し、育成していくための要員であり、逆に新卒者だからこそ可能な就職の仕方だといえます。

経理職にふさわしい適性がある人を雇用し、採用後に一から経理の実務を教えこんで、勉強しながらキャリアを積んでいくというパターンで、新卒以外では第二新卒程度が限度でしょう。

営業職や事務職で社会経験を積んだ人が転職する場合、簿記検定2級以上の資格を取ることをおすすめします。



未経験・有資格者の経理への転職

多くの企業では転職者を受け入れる場合、簿記検定2級以上の資格を持っていることを条件に挙げています。

簿記検定は国家資格ではないため資格自体が効力を持つものではありませんが、ある程度の知識を有し、経理の業務内容や難しさ、厳しさを理解している人を積極的に採用したいため、有資格者を求めているのです。

経験者には叶わないものの、資格とやる気があれば採用されるチャンスも十分見込めます。

経験者の転職

経理は「つぶしがきく」職種の代表格だといえ、たとえ数年間でも経験がある人は転職の際に優遇されます。

これは、経理の業務は公的なルールに則っているため、会社が変わっても業務内容に大きな違いがなく、転職後もほとんど教育や研修を必要とせず、すぐに活躍することができるためです。

経験者であれば資格の有無は問われないことが多く、いかに実務経験が重要視されているかが伺えます。

また、結婚、妊娠、出産などでブランクがある人の場合も、数年間で大きく業務内容が変わるような職種ではないため、新しいシステムに慣れるくらいのトレーニングで現場復帰が可能です。

短時間や週に数日という勤務体制の会社も多く、派遣社員のニーズも高いため、主婦でも活躍しやすい職種だといえるでしょう。

仕事体験談