回答者:ポンさん(女性/28歳)

職業名:IT企業 総務経理 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:5年

仕事内容
都内のIT企業で経理総務を担当していました。

規模しては50名近くです。

当時、都内1社、横浜1社、アメリカ1社の会社がありました。

IT企業のほかに広告代理店もやっていました。

わたしは、ホテルの接客業より転職して経理の仕事を選びました。

接客業は、体力的にきつい仕事です。

将来を考えたとき、どの企業でも必要で、長く働ける仕事を考えたのです。

経理や総務などは、知識はもちろん経験が必要です。

専門的な知識をもっていると、仕事をするうえで自分の強みになるのでおすすめです。

職場では、縁の下の力持ちとして若い従業員をサポートしてきました。

給与計算や決算処理、社会保険の手続き、現金管理、資金繰りなどです。
仕事のやりがい
IT企業で働く社員のかたは、仕事が忙しく徹夜はもちろ1週間寝泊りなどもあるハードな仕事です。

わたしは、システム開発の仕事はしていませんが疲れているとき差し入れをしたり、励ましたりサポートしてきました。

仕事や会社というのは1人では成り立ちません。畑違いの仕事でも社員のひとりひとりが協力し合あって、コミュニケーションが大切です。

そして、責任をもって仕事をやりきる信念がある、とやりがいを感じます。
覚悟しておいた方がいいこと
とにかく、幅広い年齢層の方がいます。

なので、目上の人に対してのあいさつや言葉遣いを気を付けることです。

そして、社会人として当たり前ですが無断欠勤や遅刻するときには必ず連絡することです。

もし、できない仕事があっても、誰かに相談して解決するなどして対処していきましょう。
給料・待遇
都内で一人暮らしをしていたので、自分で生活していける給与を頂いていました。

システム開発の会社だったので、一般の企業よりは高いと思います。

わたしは、IT企業に総務経理の事務員として入社しましたが、システム開発を希望する人は、30歳までが勝負です。

資格をとるにしても、仕事をもらうにしても30歳が独立するかそのまま社員を続けていくのかの分かれ道です。

年齢28歳 450万以上

待遇 夏休みもとれてよい

勤続年数約5年

自由な雰囲気でよかったです。
この職業の恋愛・結婚事情
IT企業は、月に一度定例会があって、外に出て仕事している社員も会社に戻って、一緒に楽しめる意見を出し合う場がありました。

その後、飲み屋に行ってお酒を飲みながら社員で仲良くなる機会があるのです。

そのとき、意気投合して結婚までした人もいます。

異業種の人と合コンなどもあるようです。

結婚後は、旦那さんが忙しくて家をあけることが多いと思います。

寂しがり屋の奥さんは大変かもしれません。

ちなみにわたしは、事務職ですが公務員と結婚しました。

会社の人のアプローチはありましたが、交際はしませんでした。
この職業を目指す人へのメッセージ
経理や総務を目指したい人は、簿記の資格をとったり、回りの社員のかたに気遣うことが苦にならない人があっていると思います。

わたしは、ホテルで接客をしていたので社員の人とどうにかうまくコミュニケーションをとって結婚するまで会社にいることができました。

税金関係にも強くなるので経理はおすすめですよ。

頑張ってくださいね。