回答者:あかりさんさん(女性/27歳)

職業名:経理事務 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:3年

仕事内容
福岡に本社、東京に支店のある会社に、本社の「経理事務」として入社しました。

経理の専門学校卒業後、新卒採用でした。

今まで主に学んできた経理の知識を生かせる職場であることと、地元に根付いた企業であることを中心に企業を探していたため、希望通りの採用だったと言えます。

入社1年目は、電話や来客対応、Excelでのデータ入力等、雑務を中心に行い、2年目以降から現金や預金の出納管理、会計ソフトへの仕訳データ入力、各種決算書類作成等、経理事務の業務を任せていただきました。
仕事のやりがい
経理事務は、営業等の職種と違って、やりがいを感じる場面はとても少ないです。

お金に関わることなので、日々、間違いが絶対にないよう丁寧にコツコツと業務をこなしていく必要があります。

しかし、その日々の頑張りを認めてもらい、業務を任せていただけることになったときは、大きなやりがいを感じることができます。
覚悟しておいた方がいいこと
社長や他の部署の方から、「経理事務は生産性がないから」という言葉をよく使われ、つらい思いをしたことは多々ありました。

業務に対する迅速さと丁寧さを他の部署よりも求められます。

また、経理事務は一般の事務と違ってお金を扱う業務のため、間違いは許されません。

ただ、迅速丁寧に業務に日々励めば、長く勤められる職種です。

一般事務よりも人数が少ない企業が多いため、将来役職もつきやすいと思います。
給料・待遇
入社時21歳で、初任給は15万円、手取りは12万程度でした。

昇給は年に1回あり、5,000円ずつ上がりました。

また、賞与は年2回あり、「金額は業績による」と説明を受けていましたが、毎回月給の1.5倍はいただいていました。
この職業の恋愛・結婚事情
私の部署は、真面目でコツコツと働き、性格も落ち着いた方が多かったため、結婚相手も誠実で落ち着いた方が多いと感じました。

実際に私も、誠実で落ち着いた方と交際を経て、結婚に至りました。

意外と他部署や銀行員との交流も多いので、営業部署の方や、銀行員、商社マンとの恋愛のチャンスもあると思います。
この職業を目指す人へのメッセージ
他の職種と比べたら、地味でコツコツするタイプの業務内容ですが、積み重ねれば大きなやりがいに繋がると思います。

また、「経理事務」というと、コミュニケーションが少ない部署に思われますが、他の部署や銀行の方々とのやり取りや、電話や来客対応も必要になります。

余裕があれば、ビジネスマナー等もしっかり学ぶことをおススメします。