経理の資格、スキル

資格は知識の証明となるもの

経理職といえば簿記の資格が必須であるイメージを持つ人が多いですが、必ずしも必要ではありません。

とはいえ、簿記に関する知識とスキルは実務の中でも必ず習得しなければならないもの。簿記の資格を取得しておけば無駄にはなりませんし、就職の際に優遇されることもあります。

また、中途採用や第二新卒の場合は、経験者または簿記検定2級以上が採用条件に挙げられている企業がほとんどです。

経理職への転職を目指す未経験者は取得しておいた方がいいでしょう。

経理職に役立つ資格

経理職に必須ではありませんが、経理職に役立つ資格をご紹介します。受験勉強は資格取得スクールや通信講座で学ぶこともできますが、過去問題などの教材をそろえて独学で学ぶ人も多いようです。

簿記検定

民間資格ですが、複数の団体により実施されており、もっとも有名なのは日本商工会議所および各地商工会議所の「日商簿記検定」です。

1〜3級が設けられている中で、2級以上を取得していると簿記の基礎知識や実務、計算の能力を持つことの証明になるため、経理職の採用条件として挙げられることが多くあります。

受験資格に学歴、年齢、性別、国籍による制限はなく、3級を受けずに1級や2級を受験することや、1・2級、2・3級を同じ日に併せて受験することも可能です。

独学でも2級に合格できる人が多いことから、比較的取得しやすい資格だといわれています。

IFRS検定(国際会計基準検定)

日本企業の海外進出に伴い、IFRS(国際会計基準)の知識や実務経験が求められる比重が高くなってきている昨今。

このIFRSの幅広いな知識と理解力を測るのが、ICAEW(イングランド・ウェールズ勅許会計士協会)が運営するIFRS検定です。受験資格に制限はなく、誰でも受験することができます。

簿記の資格より経験が優遇される経理職において、新しい強みとして取得を目指す人が増えてきている資格だといえるでしょう。

仕事体験談