経理と財務の違い

混同しやすい経理と財務

金銭の計算や管理にかかわる「経理」「財務」「会計」の業務は混同しやすく、小さな会社ではすべての業務を経理職の人が担当したり、「財務経理部」という合体された部署で行われたりといったことがよくあります。

逆に大きな会社になるほど、担当者や担当部署が明確に分かれる傾向にあります。

簡単にいうと、入出金の管理を行う業務全般が「会計」で、国家の金銭の管理や家計簿、飲食店などでの清算もこれに含まれます。

この会計業務の中でも事業活動において経費や利益といった金銭の動きを算出するのが「経理」です。

そして会計の分野とは一線を画し、事業活動に必要なお金を集め、管理する「財務」という業務があります。

大きな会社への就職を目指す場合、経理職と財務職のどちらを志望するかを明確にするためにも、これらの違いはきちんと把握しておきたいものです。

具体的な業務内容の違い

経理業務

会計の分野に含まれる経理ですが、会計の中で事業活動に関連する業務はまず、「管理会計」と「財務会計」に分かれています。

管理会計は経営者や管理者に向けた会計情報を提供することを目的とし、財務会計は企業内外に会計情報を公表することを目的としています。

「財務」という言葉がつくので紛らわしいですが、経理は後者の財務会計のカテゴリーに含まれ、いわゆる「財務業務」とは異なるもの。

企業内や対外で動いている金銭の情報のすべてを集め、決められたルールに基づいて体系化し、計算書類に仕上げる業務を行います。

日々の業務としては、伝票や帳簿の作成、請求や支払い、税金関連、決算書の作成などがこれに当たります。

財務業務

経理を含む会計情報をもとに、会社の資金計画を練り、会計とは別の金銭の動きを生み出すのが財務業務の役割です。

日々の業務としては、取引銀行と交渉して資金を借りたり、返したりといった資金の調達と管理がメインの業務となり、中小企業ではほとんどの場合、経理スタッフや経営者が財務を兼任しています。

仕事体験談