刑務官の仕事内容

刑務官は、刑務所や少年刑務所、拘置所、鑑別書などの法務省管轄の刑事施設に勤務し、施設の運営や警備にたずさわり、受刑者が更生し社会復帰をできるよう指導などを行う仕事です。法務省に所属する国家公務員となります。

具体的には次のような仕事があります。

作業の監督と指導

懲役刑を受けた受刑者は、刑務作業として日々さまざまな労働にたずさわっています。これは受刑者に規則正しい生活態度と責任感、役割意識を身につけさせ、労働意欲を高めたり、社会に参加する意義を理解させる目的のためになされています。

刑務官は受刑者を工場やその他作業を行う場所へと引率していき、現場でもめごとや規則違反を犯す者が入れば制止して、適切に振舞うように指導します。また、高度な技術や専門知識を教える現場もあり、そのような場合は専門の技官とともに技術指導を行っていきます。

こうした労務作業は将来の社会復帰へとつながる重要な職業訓練ともなるので、真剣に取り組ませることが必要です。やる気があって上達も見られ、本人にその気がある場合には、資格や免許を取得するサポートもします。

現場では大勢の受刑者が一度に作業することが多く、凶器ともなりえる危険な物品も数多くあります。そのため作業の指導と同時に保安的な意識も忘れることなく監督を行っていきます。

教育や生活指導やカウンセリング

受刑者の刑務所内での生活を指導したり、受刑者が再び罪を犯さないように講義を行ったり、家庭の悩みごとや社会復帰に向けての相談にのることもあります。

飲酒や薬物の害についての講習や、更生向けてのカウンセリングの手助けも行います。専門の技官や外部から招かれた人物やボランティアとともに矯正教育を行うこともあります。

点検・引率・巡回

刑務者の収容されている房の点検、収容者の健康状態のチェック、施設の備品や機器の確認、面会や作業場、医務室、風呂、運動場などへの引率、規則違反の有無や保安を確認するための巡回などを行います。

事務作業

報告書の作成や郵便物の管理、各種証明書の手続きなども刑務官の仕事です。庶務や会計を扱う事務専門の部署もあります。

こうした部署は受刑者と顔を合わせることは少ないですが、所内で何かが起こったときには対応できるように、すべての刑務官が訓練を受けています。

拘置所での仕事

拘置所は、まだ刑が確定していない拘留中の被疑者や被告人を収容する施設です。被疑者、被告人の逃走や証拠隠滅を防止するほか、裁判の出廷の際に護送するなどさまざまな業務を行います。